リレーコラムについて

しあわせなタイミング 夏の日篇

中丸明子

昼間の熱が、上へ上へと舞いあがっていく。
うっとりと目眩を覚える、夏の夕方。
空腹を感じながらも、
U子との待ち合わせまで、あと30分はある。
表参道のビブレ(今はもう別のお店だ)に、吸い込まれてみる。

濡れたキャンディのようなアクセサリー。
今日着ているTシャツと同じ
メロン色をしたガラスの指輪、みっけ。
買うしかなーい。

ふと視線を感じて振り返ると、
なんと美しい髪色にカラーリングしたU子がいる。
ヒマつぶししてたのにーと、
ひとしきり盛り上がって、表参道を歩きだす。

通りすがりの人から、一番好きな香り。
ムスクの香りがした。
もう、夏なんだな。

空腹にビール。いきますかぁ。

夏のはじめの、このタイミング。
すべてがそろいすぎている。
しあわせだ。

NO
年月日
名前
5689 2024.04.12 三島邦彦
5688 2024.04.11 三島邦彦 最近買った古い本
5687 2024.04.10 三島邦彦 「糸井重里と仲畑貴志のコピー展」のこと
5686 2024.04.09 三島邦彦 直史さんのこと
5685 2024.04.06 中村直史 追伸
  • 年  月から   年  月まで