リレーコラムについて

横浜

篠原茂

2001年の夏は、暑い夏だった。

お盆恒例の大帰省大会。パターンとして、まずは妻の実家からまわることになっている。
当時2歳だった長女をおとなしくさせるため、新幹線はいつもお昼寝の時間を見計らって取っていた(ナマモノなので、そうそう思い通りにはいかないが)。今回は作戦成功。米原を通過する前にはウトウトし始め、新横浜到着のアナウンスが流れる頃にちょうど目をこすり出した。
『ツイてんじゃん!』
僕が荷物を持ち、妻は長女を乗せたベビーカーを器用に操り、下りのエスカレーターに乗り込む(ほんとは禁止なんですよね、コレ)。改札口では、お義父さんとお義母さんがそろってお出迎えしてくれていた。
初孫は格別、とは良く言ったので、2人の笑顔を見るとそうなんだろうと実感する。
「すいません、いつも迎えに来てくれて。」
いえいえ、と言いながら、お義母さんは長女の前にかがみ込み目を細める。
「大きくなりまちたわねぇ。ささ、あちゅいから早くおばあちゃんちに行きましょうね。」
妻の実家は、横浜の戸塚にある。

いつもならがのご馳走(これがまた旨い)と旨い酒。
子供の話、仕事の話、経済の話、昔話、未来の話…。肴にも事欠かない。
義兄夫婦が帰省していたことも手伝って、その夜は遅くまで笑い声が絶えなかった。

結局、義兄とは午前4時くらいまで飲み続た(こちらにも前年の11月、待望の第1子が生れた)。案の定、翌朝の僕の頭はズキズキ脈を打っている。
麦茶をいただき、新聞を開く。チラシがドサリと落ちる。何気なく目を通す。その1枚に目が止まる。
<戸塚駅徒歩5分。希少なる羨望の40邸宅、遂に登場!2002年3月完成予定。>
概ねこんなコピーだったと思う。
『運命じゃん!』
たぶんまだ酔っていたんだろう、妻にそのチラシを手渡す。
「午後、コレ、冷やかしに行こうよ。」

それから5時間後、僕らは駅前のモデルルームの中にいた。
「ねえねえ、思い切って買っちゃおうか?」
今度は妻の方が完全に酔っていた。
「絶対、こんな物件もう出ないって。値段もけっこう手ごろよね。」
「うーん、でも、来年こっちに戻れるかどうかなんて分からんしなあ…。」
「…。」
「でも、まあ根回しできないこともないけどね。」
「ホント!」
「まあ、な。」
関西に赴任して5年半。そろそろだろうという予感はある。根回し云々も別にハッタリではなく、上を動かす自信もあった。
「一晩頭を冷やして、また明日行った時決めようよ。何せ家の話だし。」
実は、僕もかなり気に入っていたのだ。

翌日、再びモデルルームへ。その前に、冷静になろうと近隣の別な物件も2件程回る(これが冷静な夫婦がすることか?)。
「やっぱ、あそこが一番いいよね。」
「そうだよな。」
2人の思考が「買う、買わない」ではなく、「住むならあそこ」モードにすり替わってしまっていた。
「こんにちわ、昨日おじゃましたシノハラですけど…。」
モデルルーム到着。浮き足立っているのが分かる。頭のどこかでかすかにアラーム音も鳴っている。
でもそれは、担当営業マンの元気な声と、昨日より増えた赤い花の数にきれいにかき消されてしまった。
『よし、勝負。熱いじゃん!』
僕らは電光石火の仮契約を済ませた。
「きっと何とかなるさ、もしも万が一の時は貸せばいいし。まあ、いつかは戻るって。」
自分たちを鼓舞する2人。完全に酔っていた2人。

2004年4月1日。今日、僕は9年目の関西生活を向かえる。

篠原茂の過去のコラム一覧

3937 2015.09.11 欲望
3936 2015.09.10 美しき幻
3935 2015.09.09 大阪で生まれた男
3934 2015.09.08 距離と時間
3933 2015.09.07
NO
年月日
名前
4972 2020.09.28 玉川健司 中村さん
4971 2020.09.26 中村聖子 お元気ですか
4970 2020.09.24 中村聖子 「不要不急」にもエールを。
4969 2020.09.23 中村聖子 マスクはどこへゆく。
4968 2020.09.22 中村聖子 リモートコミュニケーション
  • 年  月から   年  月まで