リレーコラムについて

距離と時間

篠原茂

僕には2人の娘がいる。
長女は16歳、次女は13歳。
しかし今、長女は家にいない。

「私、外国行きたいなぁ」
彼女が留学を口にしたのは、
確か小学校6年生のときだったと思う。
「それはいいね!大学生まではまだまだだけど(笑)」
「できたら早く…高校くらいから行きたいの」
「へぇ、そうなんだ。でも英語大丈夫?」
正直、驚いた。そして感心もした。半信半疑でもあった。
「中学生になったら、やっぱり日本の高校へ行くってなるさ」
妻ともそんな会話をした記憶がある。
あれから3年。中学校へ上がり、
進路指導が始まる時期になってもその決意は変わらなかった。

2015年4月24日、成田国際空港。家族全員で見送りに行った。
オーストラリア行きの出国ゲートに消える長女の姿。
今にも泣きだしそうな妻と次女。
「ちょっとあっち、行ってくるわ」
僕は一人喫煙所に向かい、煙草3本を灰にしてメールを書いた。

>1999年7月にあなたは生まれ、
>良く飲み、食べ、泣き、笑い、健やかに育ち、
>2002年には姉になり、幼稚園では良く遊び、歌い、
>大阪から横浜に引っ越して小学生になりました。
>妹と共に、新体操とテニスを習い、自分の部屋を持ち、
>アリスが家族の一員となりました。
>中学では、海外での学びを夢見て英会話教室に通い、
>目標だった英検もパスし、
>春の穏やかな日差しの中で涙の卒業式を迎え、
>2015年4月24日の今日この日、
>いよいよ3年間の留学へと旅立ちます。
>明日から始まる新しい一歩、
>きっと向こうでは
>素晴らしい高校生活が待っていることでしょう。
>思い切り楽しんで来てください。
>朝起きれば、4人と1匹。
>家に帰れば、4人と1匹。
>今日でそんな当たり前の日常が終わるのは寂しいですが、
>篠原家一同、あなたを全力でずっと応援して行きます。
>来年の夏にはみんなで
>オーストラリア旅行に行きたいと思うので、
>その時はガイド、よろしく頼みますね。
>では体には十分気をつけて。
>いってらっしゃい!!
送信ボタンを押すとき、
iPhoneを持つ手がちょっと震えてた気がする。

日本からオーストラリアまでの距離、約7800km。
これは、とてつもなく遠い。
日本とオーストラリアの時差、約30分。
これは、とても近い。
朝、ちゃんと起きたかな?お昼は、さて何を食べている?…
なんてリアルに想像できるし、
何というか“同じ時”を生きている感覚がある。
物理的には離れていても、心理的には離れていないのだ。

長女が日本を発ってもうすぐ5カ月。
毎週末、たいていは家族4人で団らんを楽しんでいる。
その週の出来事を思い思いに語り合っている。
僕はウィスキーを飲みながら。次女はスマホをいじりながら。
妻はトイプードルのアリスを抱きながら。
一人だけ、PCの中からだけど。

篠原茂の過去のコラム一覧

3937 2015.09.11 欲望
3936 2015.09.10 美しき幻
3935 2015.09.09 大阪で生まれた男
3934 2015.09.08 距離と時間
3933 2015.09.07
NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで