リレーコラムについて

川の話その2

明石靖彦

(川の話その2です)

めったに行かないくせに、というかめったに行けないから、
なるべく水がキレイな、遠くの川に出かけていきます。でも
各地で、工事やらダムやらで川が破壊されまくっている
ので、なかなかむずかしいものもあります。

それでも東京から長い時間をかけて移動して、
河原でフネを組んで、流れに乗ると川下りがはじまります。
目の高さは水面から少し上、お尻は水面より下。

透明で、陽が差し込んでいる川底に、自分のフネの影がゆらゆら
映るのが見えると、とても気持ちが良くなります。時々、魚が跳ねたり、
カワセミが魚を狙って水に飛び込んだりします。

たまに流れの速いところで、波にもまれたりもするのですが、
大抵はスピードというほどスピードはでないので、
山間の川だと、両岸の森がじわじわっと迫ってくる感じです。
鉄橋や、川沿いを走る道路は、見上げるほど上にあります。
自動車がすごく速く通り過ぎていって、
こちらは、ゆっくりな時間の流れの中にいる気がします。

いつもの目線より高いところから風景を眺めることは、まあ、ありますが、
低いところから見る風景も、視点が変わってなかなかいいです。
フネから、川岸にいる人に話しかけても、あまり構えられないし、
低い川面の上にポツンと浮いていると、あまり、他の人を意識しないで、
無理なく、ものが考えられます。

そんなことを考えたり、川からの風景を眺めたりしているだけなので、
なかなか一日が終わりません。仕事でばたばたして、あっという間に一日が
終わる日々に、たまにそんな一日が入ると、気持ちが戻る感じがします。

明石靖彦の過去のコラム一覧

1090 2004.01.30 川の話(岩篇)
1089 2004.01.29 川の話(ガビガビ隊篇)
1088 2004.01.28 川の話3
1087 2004.01.27 川の話その2
1086 2004.01.26 川の話
NO
年月日
名前
4969 2020.09.23 中村聖子 マスクはどこへゆく。
4968 2020.09.22 中村聖子 リモートコミュニケーション
4967 2020.09.21 中村聖子 新しい生活様式?
4966 2020.09.18 山内弘基 明日のトラノコ その5
4965 2020.09.17 山内弘基 明日のトラノコ その4
  • 年  月から   年  月まで