リレーコラムについて

明と暗

高橋一起

●ビジネス社会を離れ、1年間の山暮らしをしていたときのことです。

山暮らしをすると、都会生活で忘れ去っていたことをいろいろ気づかされる。
たとえば、明と暗。
都会では、夜は包括的に訪れる。
照明が灯ることによって、すべてのビルに、タクシーに、お店に、街路に、
いっせいに夜が訪れる。
暗さというのは、電力による明るさによって一様に意識する。

しかし、森は違う。
森が暮れようとするとき、闇は一挙に訪れるのではない。
降りそそぐ光が地表に近づくにしたがって色を失い、それが少しずつ闇として
溜まってゆくものなのだと教えられる。

夜は、だから、地表から始まる。空はいちばん最後だ。
都会ではまっ先に空が暗くなったような気がするが、違うだろうか。

森では足元に闇が溜まり始めても、
梢には空から染みこんだ光がまだ残っているのだろう、日が沈んだあとも、
しばらくは葉先が内側から発光しているかのようにほの明るい。

が、ある瞬間、である。
葉先が突然に光を失う。
徐々にではない。
それは、一瞬ぼくが視力を失ったのではないかと思うほど、唐突である。
何度目かに、その理由がわかった。
それは、残像として梢の輝きがまだ目の中にあっても、
もう一方、足元から溜まってきた闇の方が、
そのとき目の高さを超えてあふれたせいなのだった。

都会ではこのようなプロセスは味わえない。
心がけしだいで味わえることかもしれないが、
やり残しの仕事に没頭している夕方の時間帯のこと、
少なくともぼくは、それどころではなかった。

こうして闇が溜まってくると、都会っ子はごく当然のように電灯のスイッチに手をのばす。
しかし、ここでは自然のままの光の増減を愉しんだ方がよいのではないか、
しだいにそう思うようになってきた。暗さをすぐさま人工的な光で打ち消すのではなく、
もうしばらく闇を受け容れてみてはどうだろうかと。

夕方になり、暗くなっていく部屋に黙って座り、物が輪郭を闇に溶かしていくのを見ている。
この時間を味わえる贅沢を知るべきなのだ、軽薄な自分にそう言い聞かせながら。
考えてみれば、物(存在)は明るいから見えるだけではない。
みんな半分は、目に見えないものを見て暮らしてきたのではなかったか。
それを思い出させてくれる森の闇である。

山の暮らしのカルチャー・ショック、これがその第4号だ。

NO
年月日
名前
5705 2024.06.21 藤本修二 14時間ダイエット
5704 2024.06.19 藤本修二 セレンディピティ
5703 2024.06.14 田村友洋 見える化
5702 2024.06.12 田村友洋 マカロン
5700 2024.06.10 田村友洋 熱海
  • 年  月から   年  月まで