リレーコラムについて

恋多き妖艶ミュージシャン

石田文子

愛しの女友達シリーズ、2日目。
今日ご紹介するのは、作詞・作曲・アレンジ・ボーカルと
全部ひとりでやっちゃうスーパー音楽家、Nさんです。
自分のアルバムも作るし、人のプロデュースもする。
CMタイアップや番組などでも彼女の曲はよく使われています。

そのNさんがまた男関係についてオープンというか、なんというか。
「昨日、彼と映画見たの」みたいなノリで、
「彼が●×△に○■☆なプレイを強要する」なんてことを
カフェで平然と話すので、こっちはコーヒーを噴きそうになります。
そりゃウェイターも水こぼすっちゅーの。
しかも、モテる、モテる、モテる。会うたびに男が違う。
最初、私も「オーバーに言ってんじゃないの?」と疑ってました。
だって、月一回ぐらい「好きだ」とか「俺はキミを大切にする」
とか告白されてる人、周りにいます? 私の周りにはいなかったよ!
しかし彼女の“モテ”が嘘でないことを私はこの目で見たのです。

ある夜、知り合いのイベントがあって女3人でクラブに出かけました。
私とNさんと若いギャル。やんわり踊った後、休憩していると
妙にNさんの周りにだけ男が寄って来るではありませんか。
ギャルそっちのけ。(もちろん私も)
そして彼女の手には、いつの間にか名刺やメールアドレスの束が!
「僕は彼女のようなクリエイティブな女性を探してたんだ。
電話番号聞いてくれないかな」と、モデルのような黒人青年が
私に相談してきた時にはもう、参りました…という感じでした。
きっとNさんからはなんかが出ているのだ。(フェロモンってヤツですかね)
恐るべし、Nさん。今後の活躍にもものすごく期待してます。

NO
年月日
名前
5669 2024.02.20 佐藤雄介 上田さんについて
5668 2024.02.09 堀田さくら 最後かもしれないだろ
5667 2024.02.07 堀田さくら 外資系の人事って、こんな感じかなぁ
5666 2024.02.06 堀田さくら ゲームをしたいのか、仕事をしたくないのか。
5665 2024.02.05 佐藤一貴 神宮外野指定席C
  • 年  月から   年  月まで