リレーコラムについて

サマースノー

曽原剛

いやー、夏ですね。ホント、ようやく夏らしくなってきました。
というわけで、今日はスノーボードの話です。ようやくオシャレな話です。
え、季節はずれ?だって、この間行ってきたばかりなもんで。
あ、もちろん多摩にある「カムイ」という室内ゲレンデですけど。

はじめてスノーボードしたのは、高校2年の冬。でもその時は、
そんなにハマらなかった。それよりも、サッカーボールに夢中でした。
大学時代は、雪山にすらほとんど行かず、社会人になってから、
ようやく目覚めました。だからそんなに上手くないです。パイプやキッカー
で飛んだり跳ねたりするより、新雪や林間を滑ってる方が好きですし。

でも、どうして会社に入ってからスノーボードにのめり込んだのだろう。
カムイから家へ帰る途中、ハンドルを握りながら、そんなことを考えてました。

一つ目の理由は、個人スポーツだから。社会人になると、
集団で楽しむものを続けることって、非常にエネルギーが必要ですよね。
友達の友達の友達のその仲間を集めたり、ドタキャンにヒヤヒヤしながら、
みんなのスケジュールを合わせたり。そういう手間がないぶん、
スノーボードみたい個人スポーツは、続けることが楽なんです。

二つ目の理由は、上達が実感できるから。10代の頃だと、何やっても、
何も考えなくても、いつのまにか上達できます。でも、だんだん年を
重ねてくると、そうも言ってられない。頭使って、理屈考えて、イメージして、
ようやく思い通りにできる。そしてそれを繰り返し、上達する自分を実感する。
僕は、スノーボードをやっていて、それが何よりも楽しい。まあ、
仕事が思い通りにいかないから、なおさらそう思えるという説もありますが。

そんな風にいろいろ考えてみると、たぶん僕は、スノーボードを通じて
「大人だからこそ味わえる、上達する喜び」にハマってるんだと思います。
だから、スポーツなんてもう若くないから楽しめないというのは、ウソです。
仕事以外に何にもやることないというアナタも、今年からスノーボードでも
はじめてみませんか。この業界、なんとなく運動不足な気もしますし。

曽原剛の過去のコラム一覧

0982 2003.08.29 犬と友達
0981 2003.08.28 ジーンと気持ちいい
0980 2003.08.27 サマースノー
0979 2003.08.26 通勤バトル
0978 2003.08.25 チャイニーズ
NO
年月日
名前
4966 2020.09.18 山内弘基 明日のトラノコ その5
4965 2020.09.17 山内弘基 明日のトラノコ その4
4964 2020.09.16 山内弘基 明日のトラノコ その3
4963 2020.09.15 山内弘基 明日のトラノコ その2
4962 2020.09.14 山内弘基 明日のトラノコ その1
  • 年  月から   年  月まで