リレーコラムについて

名古屋について(1)

中澤昌樹

すみません。
自分が書いた文章が「そのまま」掲載されることを知らず、
きのうの文章の最後にへんなお断りをつけてしまいました。
これからこのコラムを担当される方は、
くれぐれも同じ間違いを繰り返さないように、気をつけてくださいね。
(編集部の方へ:この文章は削除してください)

さて、佐藤仁(西)さんの紹介にもあったように、私はいま
住み慣れた関西を離れ、名古屋で仕事をさせてもらっています。
たしか去年の今頃、TCC新人賞受賞の第一報を頂き、
それから程なくして、異動を言われたように記憶しています。
もしかするとセットだったのかもしれません。

この「異動」や「転勤」という言葉には、
どうしてもネガティブなイメージが付きまとってしまうのですが、
私自身は、例えばユニコーンの「大迷惑」にあるような

「この悲しみをどうすりゃいいの 誰がボクを救ってくれるの」

といった心境ではありませんでした。
あるいは、山下達郎の「クリスマス・イブ」にあるような

「雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう Silent night, Holy night」

といった心境でもありませんでした。クリスマスじゃなかったからです。

不必要な引用のせいで分かりにくい文章になりましたが、
簡単に言うと、決して嫌ではありませんでした。
新しい環境で自分を試してみたいという前向きな気持ちが、
私の不安を期待へと変えてくれたのです。
さらに、向こう6年、家賃の補助が出るという社の規定が、
彼女の不安を期待へと変えてくれたのです。

そうして、私の名古屋生活はスタートしました(つづく)

NO
年月日
名前
5721 2024.07.18 権八成裕 ぼくが生まれてきた理由
5720 2024.07.18 権八成裕 20年ぶり2回目
5719 2024.07.12 吉兼啓介 短くても大丈夫
5718 2024.07.11 吉兼啓介 オールド・シネマ・パラダイス
5717 2024.07.10 吉兼啓介 チーウン・タイシー
  • 年  月から   年  月まで