リレーコラムについて

天風回窓をみよ。

眞木準

コピーライターの西村佳也さんの書展オープニングに
ふらりと寄られた土屋耕一さんに会った。
西村佳也さんは、数年も前に書家としてデビューし、第一回の個展もみた。
そうとう昔から西村さんの字はコピーとして知ってはいた。
ボディコピー原稿などもみたことがある。
なかなかの達筆で、コピーライター界の三筆のひとりではないか
とさえ思っていた。
西村さんが始めた書は、もともとのきれい字をうち破って
拳骨でなぐったような墨太書を、ダンボールなどにも書く。
見る字といってもいいだろう。
白金のギャラリーばかりでなく、先日のコピーライター肉筆展でも
独特な書風で出品されていたので、ご覧になった方もいらっしゃるだろう。

その西村さんの個展で久しぶりにお目にかかった
土屋耕一さんにごあいさつをした。すると
「あ、どーも。実は、ボクもね、展覧会でもやろうかと思っていてね。
 秋なんだけど。ま、それで、ちょっとどんなぐあいかなあ、と」
と、あの土屋文体そのまんまのお話しぶりで。
土屋耕一フェチとしては一も二もなく「じゃ、お手伝いを」
と自称広報担当を引き受けた。とはいえ、ずぼらから何をするでも
なかったのだが、DMをいただいて驚いた。
まず、これは書というのかしらん。
いや違う。絵というものに近いのだ。字が絵になった。
それも「咲くなら、大輪」というぐあいにカラフルに。
これはみなくちゃいけない。
みんなでみなくちゃいけない。

11月1日金曜日から同15日金曜日まで、表参道の【ギャラリー5610】。
電話は【03-3409-9496】。
住所は【東京都港区南青山5-6-10 5610番館】です。

タイトルが面白い。
「天風回窓」という、なんともさわやかな風のようで。
どんな意味かを、じっくり考えてみた。
土屋さんのことだから、まずはひっくり返して、「うそいかうぷんて」。
これはツチヤ風回文ではない。でも、そうだ。漢字ごとひっくり返すと
「ソウカイフウテン」と読める。
なるほどなんとも「爽快」な「フウテン」
つまり「フリーの身」をウラネタに込めたものに、違いない。
土屋耕一さんのコピーは、思いおこしてみると
どれもが「爽快」という気分が通底しているようだと気づく。
すばらしい新しい発想の字の絵を、自称広報委員として
どうかどうかご高覧いただきたい、と広報いたします。

くどいようだが、
11月1日から15日。表参道ギャラリー5610です。

NO
年月日
名前
4966 2020.09.18 山内弘基 明日のトラノコ その5
4965 2020.09.17 山内弘基 明日のトラノコ その4
4964 2020.09.16 山内弘基 明日のトラノコ その3
4963 2020.09.15 山内弘基 明日のトラノコ その2
4962 2020.09.14 山内弘基 明日のトラノコ その1
  • 年  月から   年  月まで