リレーコラムについて

愛媛県上浮穴郡大字渋草。

赤松隆一郎

えひめけんかみうけなぐんおもごむらおおあざしぶくさ。
僕が10歳まで過ごした村です。
今は松山市内に住んでいますが、時々無性に行きたくなります。
先週の土曜日、ドライブがてらひとりで出かけました。
四国山脈、石鎚山の麓。この時期は木々の緑がとても綺麗です。
川の水もエメラルドのような色をしています。
僕が通っていた小学校は、過疎化が進んで去年廃校になりました。
当時は、全校生徒数が45人。先生が7〜8人。
しかも先生のうち、1人は僕の親父でした。
運動会で定番のフォークダンスがありますね。
人数の関係上、先生も輪の中に入るんですけど、
僕は毎年、親父とフォークダンスを踊ってました。
親父が最後のパートナーでダンスが終わった場合、
手をつないで退場門まで元気にスキップ。今考えるとヘンだよな。
さて、その村をぶらぶらした後、勢いで石鎚山に登りました。
標高1982メートル、西日本最高峰です。登山コースは往復で9キロくらい。
結構きつかった。山をしゃぶってました。いやナメてました。
でも風がとても気持ちよかった。
風が吹くときに、歩きながら両手を合わせると、身体の中を
何かが通りぬけていくんですね。真昼でも、山は霊気に満ちています。
訪れている人たちはみんなフレンドリーで、どちらからともなく
「こんにちは」「がんばってね」と声をかけあいます。なんかいい。
ちょっぴり出会いの予感。今年のマウンテンは、何かがおこりそう。
そんなわけで、
週末のビーチで新しい出会いをさがしているあなた。
水着のままで、山へ行こう。
山頂で待つ。
またあした。

NO
年月日
名前
4966 2020.09.18 山内弘基 明日のトラノコ その5
4965 2020.09.17 山内弘基 明日のトラノコ その4
4964 2020.09.16 山内弘基 明日のトラノコ その3
4963 2020.09.15 山内弘基 明日のトラノコ その2
4962 2020.09.14 山内弘基 明日のトラノコ その1
  • 年  月から   年  月まで