リレーコラムについて

LET ME SPEAK!

泉沢宗史

どうも。泉沢です。TCCに入れてもらったのは、もう17年も

前と、先週の金曜日の総会で同期に会い、気づきました。

あれから、泣かず飛ばずのコピー人生を歩んでおります。

とほほ。

先週の望月君とはこの前まで、席を隣にしておりました、彼

はコピーの才能はあるものの、整理整頓の才能まるでなし。

前世はは絶対ハムスターではなかったか、と思えるほどの

机の乱れようで、僕がちょっといないと僕の席にも資料だの

原稿用紙がとびかっている始末です。見たくなくても見てし

まう、時々は見たくて見てましたが。で、近所のコうるさい

じーさんのように、まったく望月はよう、机の上はきたない

は、コピーはよく壊れているしよう、とブツブツ言っては嫌

われていました。4月の人事異動で、望月君の隣から離れ、

結構清潔な環境に移り、ホッとはしているものの、コピーに

ついてブツブツ言えないのは、ちょっとさびしいです。

さて、僕は、仕事ではたいしたことはやってないので、この

ところの社会だの、身近におこったことだのをダラダラと書

いていきたいと思います。今日は、日本人もようやく、と思

った話。ニュースを見ていたら、下関で開催された国際捕鯨

委員会。そこで水産庁の参事官が吠えているのに、ほんとに

びっくりしたというか、うれしくなったというか。彼は、あ

ーだこーだいう、外国代表に向かって、LET ME SPEAK! と

言い放ったのである。俺に喋らせろ! ですよ。

いままでいたか、こんな日本代表。商業捕鯨の是非は別にし

て、自分、あるいは自国の意見を明確に持ち、はっきりと主

張する。これには、すごくなんかいい、と言いたくなった。

欧米の主張には、はいはいおっしゃるとおりでございます、

アジアの主張には、すいません、すいません、日本が悪いん

です。自国の意見、主張、まるでなし、問題なければ、それ

でよし、という姿勢が続く中で、やっとという感じ。そんな

に政治とかに興味はなくても、しっかりせえよ、我が日本、

という感じがここのところうずまいていたので、ちょっと

スッとしたというか。

彼の英語の発音は、まったく日本語発音の英語なんだけど、

彼の発言は英語でも日本語でもかなり強い。意思の乗った、

言葉は強い。そういえば、コピーもそうですね。

んでは、また明日。

NO
年月日
名前
4973 2020.09.30 玉川健司 ずっと福岡にいるものと思っていたのに
4972 2020.09.28 玉川健司 中村さん
4971 2020.09.26 中村聖子 お元気ですか
4970 2020.09.24 中村聖子 「不要不急」にもエールを。
4969 2020.09.23 中村聖子 マスクはどこへゆく。
  • 年  月から   年  月まで