リレーコラムについて

物書きの独りごと

柏木新

 物書きの柏木新です。いや、コピーライターの柏木新か
な。
 そのときの心情を吐露したもの。間に合わせにでっち上
げたもの。いろいろ作りましたが、暗い、深刻、怪しい、
不健全、死や宗教がらみのものなんてのは、キャッチフレ
ーズに向かないでしょうね。俳句としてはいいできと、自
分じゃ勝手に思い込んでいるんですが。

    南 無 阿 弥 陀 仏 寒鴉六羽

    「く」になり「つ」になりみみづの「し」

    西日にはわずかに無念の色滲む

    早春や啼かず飛ばずの大鴉

    納まりがみな納まって枯れ野かな

    風花やあなた殺していいですか

    戒名を刻む石工に銀杏ふる

    薄氷 山伏殿は無重力

    春一番 大僧正の股くくり

    金髪の修道女賭呆けて虹の下
    
    兄さんはちゃらんぽらんよ鱚を釣る

    女房をやや太らせて冬を待つ

 それでは強引ですが、俳句とコピーと小説の関係を、思
い付くまま整理してみましょう。小学校で同窓だった英子
さんに、こんなふうに説明すればよかったのだと、あらた
めて後悔しているのです。
 ●俳句は季語という決まりがあります。―の言葉が季語。
 ★コピーは決まりなんてものはありません。なんでもで
  きる。
 ◆小説も決まりなどないみたい。読者が面白がればいい
  のだ。
 ●俳句にはチェックがありません。自分がよければいい
  のだ。
 ★コピーはクライアントのチェックが入ります。すごく
  厳しい。
 ◆駆け出し作家の小説には、「お願い」という形で注文
  が付く。
 ●俳句は十七文字の縛りがあります。字余り字足らずも
  あり。
 ★コピーは文字数の制限がありません。でも短いほうが
  いい。
 ◆小説は枚数を指定されることがあります。いちおうは
  守る。
 ●俳句はコピーとして使えます。ただし季語と十七文字
  が厄介。
 ★コピーは俳句にはならないでしょう。形式的には可能
  ですが。
 ◆小説は一部を使うか書き下ろしもらう。コピーとして
  使える。
 ●俳句作家の収入は?句集を出版すれば、印税が入って
  くる。
 ★コピーライターの収入は?ギャラは高いが印税は入ら
  ない。
 ◆小説家の収入は?一発当たればざくざく印税が入って
  くる。

 まあ、ざっとこんなところでしょうか、最後の●★◆は
物書きとしての願望です。いつかこうなればいいなあって、
つねづね考えていることなのです。ではまた明日‥‥。

NO
年月日
名前
5719 2024.07.12 吉兼啓介 短くても大丈夫
5718 2024.07.11 吉兼啓介 オールド・シネマ・パラダイス
5717 2024.07.10 吉兼啓介 チーウン・タイシー
5716 2024.07.09 吉兼啓介 吉兼睦子は静かに暮らしたい
5715 2024.07.08 吉兼啓介 いや、キャビンだよ!
  • 年  月から   年  月まで