リレーコラムについて

韓国語

白石大介

ちょっと前になるが、韓国に行った。韓国人は、日本人に顔が似ているし、基本的には、ものの考え方が日本人に似ている気がするから、好きだ。よく働くし、よく遊ぶところも、好きだ。韓国は、まだまだ日本やアメリカの文化の流入は少ない。昨日も書いたが、ホテルや交通機関は別として、街中では、ハングル文字が中心で、英語の表記は少なく、併記されていることも少ない。その時は、日本語べらべらの韓国人と一緒だったので、僕は比較的、不自由することがなかった。その夜がくるまでは・・・。

その夜、僕らは、ソウルの北側のはやりの店で、豚を食べた。ちょうど、日本のテレビ番組でたまたま見た店だった。ちょっとこぎれいな作りだが、油で、店中べとべとだった。韓国人は、油とニンニクは気にしない(たぶん)。サラダバーならぬ、サンチュバーがあった。見たことのない葉っぱがたくさんあった。韓国人は、野菜をほんとによく食べる。若い人で太った女性は本当に目にしない。(これもまた、アメリカナイズされてくると変わってしまうのか。涙・・。)その店を出ると、あるディスコに入った。僕らはダンスフロアーに面するテーブルに腰掛けた。うるさい。フロアーでは、30人くらいの男女が踊っていた。この暗さだと、日本人と区別つかないノリである。店は、かなり広かった。客全員がきちんと座れる広さだ。1杯目のお酒を飲んでいると、ひとりの男性店員が、客の女の子の手を引いてやってきて、僕の隣に座らせた。僕が、驚いていると、案内してくれた韓国人がそういう店なのだ、と説明してくれた。不思議なシステムである。というか、画期的なシステムだ。つまり、こういうことだ。各男性客のテーブルに専属の店員というのがつく。彼は、店の可愛い女の子をみつけ、そのテーブルに連れてくる。もちろん女の子はそういう店だと知って、踊りに来ているので、嫌がる子もいるが、結局は引っ張られてやってくる。女の子は、座るとそのテーブルのお酒やら食べ物やらは基本的に自由。気に入らないと思ったら、1分で席を立って、戻ってもかまわない。(戻る途中でまた引っ張られていく子もいるが)テーブルにつく店員は、そこに座る客が指名することができる。すると、店員には、チップが入る。もちろん可愛い子を上手に連れてこれる店員が指名されるから、店員も技術を磨く。一方、女性客は、お店に入るのに、お金(そんなに安くないと聞いたが)を出す以外は、男のテーブルに行っている限りお金はかからない。しかも、そういう店だとわかっていてきているので、さすがに、全然引っ張られないと、つまらないらしく、女の子の質は自然と上がっていくそうだ。よく、できている。

僕の隣に座った女の子は、英語が話せなかった。僕は、韓国語が話せない。アンニョンハセヨ。それっきり、沈黙である。すべて、セッティングされているのに、沈黙である。女の子は可愛いのに、沈黙である。ぼくは、コトバでコミュニケーションを考える仕事なのに、沈黙である。そう、ぼくは、コトバの大切さをあらためて痛感したのだ。その日から僕は、韓国語の勉強を始めた。一応断っておくが、動機は、その女の子がすごく可愛かったからではない。

白石大介の過去のコラム一覧

0556 2001.12.01 父へ
0555 2001.11.29 韓国語
0554 2001.11.27 日本語
0553 2001.11.27 観覧車
NO
年月日
名前
4973 2020.09.30 玉川健司 ずっと福岡にいるものと思っていたのに
4972 2020.09.28 玉川健司 中村さん
4971 2020.09.26 中村聖子 お元気ですか
4970 2020.09.24 中村聖子 「不要不急」にもエールを。
4969 2020.09.23 中村聖子 マスクはどこへゆく。
  • 年  月から   年  月まで