リレーコラムについて

和菓子屋の家族 後編

鵜澤敏行

第3回

(あのー、父と母の名誉のために言っておきますが
この出来事は今から大体25年くらい前の
出来事ということを前提に読んでくださいね。
そう、あの頃って、こんな贅沢なもの
なかったはずですよね?)
で、いよいよ、うすーくスライスされた
肉が運ばれてきました。
もうお分かりかと思いますが、しゃぶしゃぶです。
父と母は、その肉を見て見ぬふりをして動こうとしません。
僕は、すぐに隣のテーブルに目をやりましたが
よくわかりません。
そこで、凍りついてしまった父と母に
「この煙突がポイントではないだろうか」と
タジマハールの屋根をさして助け舟を出してみました。
さっそく父と母は肉をおもむろにつまみあげ、
タジマハールの煙突の側面にくっつけ細かく動かしてみると
「ぶしゃ、ぶしゃ」と、肉がはじけるような音がしました。
そして、「そうかー、それでしゃぶしゃぶと言うのだな」と
家族全員が深く肯いたのです。
でも、やっぱりしっくりこない。
で、煙突のまわりに張ってある
お湯から出ている湯気にかざすのでは、とか、
しまいには、タジマハールの煙突から中へ落としてみろ、だとか
仲居さんやまわりのお客さんに悟られないように
この秘密実験はしばらく続きました。
***
僕は、この出来事を決して恥じているのではなく
さらに言うならば、煙突に何かヒントがあるのではないかと
必死になって解決の糸口を見つけようとしていた
自分を誉めてあげたいし、もしかしたら
僕なりの発想の原点は
こういった普通の環境にあったのではないかと
真剣に思ったりしています。

じゃ、明日は社会人になってからこんな人がいた。です。

NO
年月日
名前
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
4989 2020.10.21 神戸海知代 感情も、行動も、表現すること。
4988 2020.10.20 神戸海知代 ぐいパンは、愛にあふれてる。
4987 2020.10.19 神戸海知代 世界は、メッセージにあふれてる。
  • 年  月から   年  月まで