リレーコラムについて

和菓子屋の家族

鵜澤敏行

第2回

そんな東京の川の手の和菓子屋一家は、
高度経済成長に乗り、(従業員は父と母だけでしたが)
それはそれで景気は良かったんです。
とは言っても、2、3年に1度、
新年に旅行ができたくらいですが…。
で、あれは僕がやはり小学校の高学年くらいでしたか。
旅行に行くことになりました。
確か、箱根あたりの旅館でした。
そんな僕たちが行くような旅館ですから、
今で言えば、一泊1万円前後のクラスです。
父、母、兄、そして妹の5人。
どんな旅だったのかは全然覚えてませんが、
夕食の出来事は今でもはっきり思い出せます。
***
夕食は、大きな宴会場でテーブル席でした。
時間通りに行ってみると、意外と空いていて
私たちの他に、2、3家族が食事してるくらいでした。
すでに出されている料理を見渡して、
なんかうまそうだなーと思い、中央を見てみると
今までに見たことのない鍋があり、そうだなー
なんかあの頃受けたインパクトは、
タジマハールの屋根のようなような印象だったかな。
ピカピカした銅でできていて、
真ん中が天に向かってそびえていて…。
これは何だと思い、父と母の顔を見ると
やはり目を丸くして眺めていました。
その瞬間、川の手育ちで和菓子屋のせがれの直感が働き
「やばい」と思いました。

ちょっと長くなりそうなので、続きは明日。

NO
年月日
名前
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
4989 2020.10.21 神戸海知代 感情も、行動も、表現すること。
4988 2020.10.20 神戸海知代 ぐいパンは、愛にあふれてる。
4987 2020.10.19 神戸海知代 世界は、メッセージにあふれてる。
  • 年  月から   年  月まで