リレーコラムについて

母は、最後まで語る。

笠原千昌

偶然にも、昨日8月31日は息子の2才のお誕生日でした。
夏休みを1日とっておいたので家族で「ディズニーシー」へ。
(みなさんの仕事中にスイマセン)
プレビューは混んでいるという情報が飛び交っていたけど、
昨日は天気もイマイチだったせいかわりと空いていたので
ゆっくりできました。おもしろかったですよ。

コピーを書き始めた頃(今から13年も前ですが)
最初の会社で私に与えられた仕事は
「ディズニーランド」の仕事でした。
「ぴあ」の映画情報のページに各週で載せるイベント紹介記事。

たった50文字くらいの紹介文とキャッチフレーズ1本。
ミッキーのバースデーとか、クリスマスとかの内容を
「夢のある文章でね」と先輩にチェックを受けながら
何度も書き直したのを思いだしました。

そういえば「おしゃまなミニー」と書いたら
「ミニーはキュートです」とアカ字をもらったんだよなあ〜。
今おもえばなつかしいけど。
だから息子にもしっかりと「ミニーちゃんはキュートなんだって」
と教えておきましたが、ぜんぜん聞いちゃいなかったです。

いよいよこのコラムも、今日で最後です。
お母さんの立ち話しみたいになったしまいましたが、
1週間おつきあいいただきましてありがとうございました。
私敵には、なんだか楽しかったです。

コピーとはまったく関係ない話でしたね。
(これからコピーライターになろうとしてる方、
またコピーを勉強中の方々、なんの参考にもならずにごめんなさい)

来週からはストライクの梶田あずささんです。
きちんとした仕事ぶりで定評のある
梶田さんのコピーは昔から大好き!
本人とコピーのイメージはちょっと違うけど、
とても素敵な大人の女性です。
みなさん、お楽しみに。

それでは。

NO
年月日
名前
5009 2020.10.29 古屋彰一 網下着おじさん
4993 2020.10.28 古屋彰一 軽さという神様への誓い
4992 2020.10.27 古屋彰一 クマとスプレーとわたし
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
  • 年  月から   年  月まで