リレーコラムについて

母は語る。

笠原千昌

はじめまして。
鵜久森さんから突然渡されたバトンを持って
今日から(ホントは昨日だったんだけど)走らせてもらいます。
サン・アドの笠原千昌です。よろしくです。
ちなみに女です。
もひとつおまけに谷山雅計さんの奥様でもありません。
(よく間違われます。いつもすいません、谷山さん!)

鵜久森さんからの紹介で
たくさん誉めてもらっちゃったんだけど、
「子持ち」はちょっとイメージダウンだわ。
ホントは私の「売り」じゃあないんだけど。
でもでも、そんな話しもたまにはどうかと思って
母は語ってみたいと思います。

今日は主人公の紹介。
夏休みの最後の日に生まれた我が息子は、
もうすぐ2才になります。
うちの佐倉CDには(猫!)と呼ばれ、
友達からは(芸者!)だの(漁船!)だのと呼ばれるしまつ。
もう、けちょんけちょん。
別に、なんでもかんでも舐めるからとか
「どーぞ」とお酌するのが上手だからとか
出ってたらなかなか帰ってこないからだとか
そんなことではありません。
息子の名前が「鈴丸(すずまる)」だからなのです。

そんなつもりでつけたんじゃあないんだけどなあ〜

                   つづく

NO
年月日
名前
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
4989 2020.10.21 神戸海知代 感情も、行動も、表現すること。
4988 2020.10.20 神戸海知代 ぐいパンは、愛にあふれてる。
4987 2020.10.19 神戸海知代 世界は、メッセージにあふれてる。
  • 年  月から   年  月まで