リレーコラムについて

クリエイティブとクライアントについて

横田俊郎

小さな頃からものをつくることが好きで、
大人になって広告をつくる仕事に就いて、
今は広告をつくってもらう、いわゆるクライアント側の仕事をしています。

リクルートでクライアントの求人広告をつくっていた頃にTCC新人賞をいただき、
(クリエイティブ100%)
異動して、クリエイティブディレクターとして自社広告の制作部門と宣伝部門を兼任、
(クリエイティブ50%、クライアント50%)
去年の春に転職して、サントリーの宣伝担当になりました。
(クライアント100%)

反対側に辿り着いたとも言えますが、
個人的にはずっと変わらず、好きな仕事をしているという感覚に近いです。
両方の視点を持った、柔軟な広告人でありたいと思っています。

でもやっぱり、自分でつくるのって苦しくて、そのぶん楽しいですよね。
アキラ・・・じゃなくてクライアント100%のあと
どんな配合になってゆくのかは、僕にもまだわかりません。

横田俊郎
toshiro_yokota@suntory.co.jp
—————————————————–

リレーコラムのバトンを渡してくれた原智史くん、どうもありがとう。
きみが困ったときには助けると思うけど、僕が困る可能性のほうが高そうです。

僕からのバトンは、大好きなコピーライター花岡邦彦さんにお渡しさせていただきます。
引き受けていただきありがとうございました!

NO
年月日
名前
5064 2021.01.22 三島邦彦 猫と薪ストーブ
5063 2021.01.21 三島邦彦 方法のかけらたち
5062 2021.01.20 三島邦彦 日本宴会芸学会
5061 2021.01.19 三島邦彦 言葉が鍛えられる場所
5060 2021.01.18 三島邦彦 阿呆の逃亡
  • 年  月から   年  月まで