リレーコラムについて

ボーネンカーイ

天田武史

本日はオフィスの、いわゆるイヤーエンドパーティでした。
今年はオフィスの全員でバスで笹塚に移動し、
宴会を挟んでからのボーリング場を貸し切ってのボーリング大会でした。

ということで、多少酔っぱらいながらこれを書いています。

ちなみにワイデンではこの年末のパーティをBonenkaiと表記し、
外国人のみんなも、毎年パーティが近くなると
ボーネンカーイ!ボーネンカーイ!と日本語で言いはじめたりします。
ちょっとかわいいです。

ところで、外国人のみんなが日本語を発音する時に、
なんだかちょっと独特の癖が加わって、
思わずかわいく聞こえてしまうあの現象は一体なんなのでしょう。
子供っぽいからとか、単にちょっと間違ってるから、
とかとも違うあの不思議な感じ。
「ボーネンカーイ」みたいにちょっと音を伸ばしてみたり、かとおもえば、
「ドモアリガト」みたいに伸ばす音を省略してみたり、
なんだろう、こちらに染み付いてる言葉のリズム?というかを、
後ろから崩されて、力が抜けちゃうようなあの感じ。

話がそれましたが、
そんな、カタコト日本語と、英語と、日本語とが入り混じった
ちょっとカオスなボーネンカーイが終わりました。

明日は筋肉痛と二日酔いの二重苦が待ち受けてる気がしてます。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで