リレーコラムについて

独立顛末記その一<疾風篇>

蛭田瑞穂

サン・アドを辞めて、電通に移ったのはちょうど10年前の2007年。
「クリエイティブ局の人間はちょっととっつきにくいけど、そのうち慣れるよ」
と、初日に当時の局長から言われたとおり、
雰囲気はお世辞にもフレンドリーとは言い難く、僕は毎日尻の据わりの悪さを感じていた。

そんなある日、「昼メシどう?」と声をかけてくれた人がいた。
それが今回リレーコラムのバトンを渡してくれた松本巖さんだ。
巌さんのことは存じていたが、いわゆる「年鑑で見たことがある」状態。
話したことは一度もない。
それなのに、なぜか巖さんはサシで昼ごはんに誘ってくれた。

お昼をご一緒したあと、ほどなく僕は巌さんがCDを務める
淡麗グリーンラベルのチームに参加することになり、
さらにその数年後、巖さんが部長に昇格すると、「松本部」の初代部員となる。
そして2013年、巖さんが電通を退社。その4年後に僕が電通を退社する。
あとを追ったわけではないが、巖さんとは不思議なご縁を感じる。

去年の10月、ふたりで銀座の小料理屋に行った。
そこで初めて退社の意志を伝えると、巖さんは「いいなぁ」と言った。
「俺ももう一度独立してみたいよ(笑)」

先に独立した先輩が「がんばれよ」でもなく、「応援するよ」でもなく、
「いいなぁ」という言葉をかけてくれる。
それにまさる激励の言葉を僕はちょっと思いつかない。

  • 年  月から   年  月まで