リレーコラムについて

墓石

保持壮太郎

フランスの作家、スタンダールの墓には
こんな言葉が刻まれているという。

 生きた、書いた、恋した。

ドイツの哲学者、イマニュエル・カントの墓石にはこうある。

 星空は我が頭上に。道徳規律は我が内に。

オーストリアの物理学者、ボルツマンの場合はこうだ。

 S=k.logW

そして、我が保持家である。

愛媛にルーツをもつ保持家の墓を
東京に移すことになったのは今から10年ほど前のことだ。
もろもろ母親に任せっきりではあったが、
無事に改葬を終えたとの報を受けさっそく墓参りに出かけた。
そして異変に気づいた。

保持家、と書いてあるべき墓石の真ん中には、

 愛

という一文字がドカンと刻まれていた。変な明朝体で。
“保持家”の文字は、その足もとに小さくレイアウトされている。
まじか。

そんなわけで僕が死んだら、
愛に生きた男として思い出してやってください。

保持壮太郎の過去のコラム一覧

4286 2017.07.31 苦手
4285 2017.07.27 若気
4284 2017.07.26 墓石
4283 2017.07.25 先生
4282 2017.07.24 自分
  • 年  月から   年  月まで