リレーコラムについて

伊藤の中の伊藤

伊藤健一郎

はじめまして、伊藤健一郎です。
姓も名も、ありきたり。
親には失礼ながら、平凡過ぎてコンプレックスです。

いえ、正しくはコンプレックスでした。

いま私は、名古屋でコピーライターをしているのですが、
2年前に赴任が決まった際、ある人からこんな言葉をいただいたんです。

「愛知県は、日本でいちばん伊藤が多い県です。
どうせなら、伊藤の中の伊藤になって帰ってきてください」

言葉の主は、門田さん。帽子の人です。
(そして、私の師匠の師匠です)

笑っちゃいました。
平凡な伊藤たちがうごめいている姿を想像して。
そして、生まれて初めて伊藤であることを肯定できたんです。
突出した伊藤になれば、伊藤も悪くないかって。

私が言わずとも、門田さんは骨の髄までコピーライターなわけですが、
おくる言葉にも発見があるなんて、なんかズルくないですか?

と、ここまで書けばおわかりの通り、
私は、コピーを愛する人たちに囲まれながら、コピーライター人生を歩み始めました。
だからこそ、TCC新人賞だけは欲しくて…
選ばれてすぐに門田さんが電話をくれました。「よかったね」って。
ほんとに、よかったです。ありがとうございました。

せっかく新人賞をいただいたので、
新人らしく、これまでの縁に感謝するコラムを書きたいと思います。
平凡ですみませんが、よければおつき合いください。

伊藤健一郎

  • 年  月から   年  月まで