リレーコラムについて

ムーが教えてくれたこと

大津裕基

怒られた。お前のコピーはなっていないと。コピーライター7年目ともなり、またウェブの仕事が多いものでチームにコピーライターの先輩がいない場合も多い。気づけばコピーについて怒られることはなくなっていた。

怒られるというのは嫌なことではあるが、自分を見つめるチャンスでもある。できればあまり見つめたくないが、どんどん怒っていただいて構わない。あくまで傷つかない方法で。もちろんその後のケアも重要だ。

怒られたおかげでそのコピーは少しよくなったと思う。コピーについて改めて考えさせてくれた先輩に感謝する。

創刊38年を迎える月刊ムーですら、最新号でいまだにフリーメイソンの起源を特集するのだ。私も初心に立ち返って、まずは五十音表の写経から始めようと思う。

NO
年月日
名前
5061 2021.01.19 三島邦彦 言葉が鍛えられる場所
5060 2021.01.18 三島邦彦 阿呆の逃亡
5059 2021.01.15 嶋野裕介 セミになった妻
5058 2021.01.14 嶋野裕介 「PRコピー」の話❷ TCCにも「PRコピー部門」とかいかがですか?
5057 2021.01.13 嶋野裕介 「PRコピー」の話❶ TCCはPRにも向いている
  • 年  月から   年  月まで