リレーコラムについて

九州へ③

茂庭竜太

僕はいまNHK Eテレで10月5日から放送される
「ねほりんぱほりん」という番組をお手伝いさせていただいているのですが
テレビの番組づくりはいろいろと新鮮でした。

特に、これはNHKだからということもあるのかも知れませんが、
半年以上前からディレクターさんはこの番組しか担当しないそうです。
なので、ひとつの番組に集中し、徹底的につくり込むことができる。

一方、広告は何個ものクライアントや案件を掛け持ちし、
しかも、期間がいつも短い。(最初は余裕があるときも、いつも最後ドタバタする)
比べてしまうといいなあ、とつい思ってしまいました。

でもまあ、しょうがない。
むしろ“えいや!”の方が、なんか変なことが生まれるかも知れない。
(この“えいや!”って言葉、うちの会社のひとはよく使うのですが
 面白い言葉ですよね。)

僕がこれから出向する電通九州は、元々人が少ない上に
最近何人か独立したり辞めたりで超人手不足のようです。
でも、景気がよく、仕事は多いらしいので。
“えいや!えいや!”と博多どんたくのような事になるかもしれません。
だから“えいや!”力をつけるにはいい機会かと。たぶん。

つづく

NO
年月日
名前
4852 2020.03.25 高橋祐司 「年齢」は死んだ。
4851 2020.03.20 阿部広太郎 断言する。心をつかむ言葉はつくることができる。
4850 2020.03.19 阿部広太郎 僕だからこそできる作詞って?
4849 2020.03.18 阿部広太郎 一人ひとりへのI LOVE YOU。
4848 2020.03.17 阿部広太郎 悪夢か、現実か、夢か。
  • 年  月から   年  月まで