リレーコラムについて

ピエンロー

岡野草平

ピエンロー鍋って知ってますか?
白菜と豚バラのやつです。

誰かがSNSで紹介していて、
とてつもなく美味いと。
でもお店とかでは食べられないらしく、
自分で作るしかないとのこと・・・

ぼく、まったく料理しないんですね。
しないというか、できない。
去年、どうしてもソース焼きそばが食べたくなって、
焼きそばって、ラーメンとかそばみたいに、
単体で食べれる店ってないじゃないですか?
しょうがなく、おそるおそる自分で作ってみたわけです。

その焼きそばが、もう絶望的にまずかったんですね。
ただのソース焼きそばを、こんなにもまずく作れてしまうってことは、
もう圧倒的に才能がないんだなと。
以来、自炊を封印していたのですが、
もうお口はピエンローなわけで。

やるしかない・・・

ネットで調べたところによると、
材料は、白菜、豚バラ肉、鳥もも肉、春雨、干し椎茸、塩、ごま油。
うむうむ、意外と少ないしなんとかなるかも。

あれ?まてよ・・・?
そもそも鍋がないな・・・

というわけで、まず鍋を買いに行くことにしたわけです。

鍋といえば、ルクルーゼ。
それくらい、知ってますよ。

渋谷ヒカリエのカポーをかき分け
直営店に行ったんですね。
いろいろ質問したら、
どうやら18センチのやつがいいみたいで。
じゃあこれにします、ちなみにお値段は?と。
店員「25000円になります」

・・・・
ちょっと、舐めてましたよね。
ルクルーゼを。
いや、さすがに1万ぐらいは覚悟してましたよ。
でも、鍋で25000って!
フグ鍋食べれるやん!

まあ、買いましたけどね。
そして、東急ストアで材料を購入。
干し椎茸・・・800円!!
ラーメン食べれるやん!

なんやかんやで、合計が3万円の大台に乗ったわけです。
おそろしやピエンロー。

というわけで、干し椎茸を戻しながら、
この最後のコラムを書いてます。
3万かけたピエンローが、
あの焼きそばのようにまずかったら、
もう二度と包丁を握ることはないでしょう。

さて、リレーコラムのバトンは
今年、新人賞を受賞した「世界のフジタク」こと
藤田卓也くんに渡したいと思います。

藤田君はツイッターのフォロワーが1万人ぐらいいる
ちょっとしたハイパーメディアクリエーターです。

フジタク、よろしくおねがいします。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで