リレーコラムについて

サボる

岡野草平

毎日コツコツ書ける性格じゃないです。
だから、こんな木曜日までサボっていたわけで。

会費を払うことをサボりつづけて
TCCを除名になった古川さんに
あるとき、「どうなったら一人前といえますか?」
と質問しました。

しばし考えた古川さんは、
「うまくサボれるようになったらかな」と。

古いですが、深イイです。
サボるというのは、やらない、ってことではないんですね。
やはり人間常に100%全力ってわけにはいきません。
あのメッシだって、試合中、けっこう走らずサボってるのです。
ここぞ!というときに力を出す。
それ以外のところはなるべく力を温存しておく。
それでこそ、プロであると。

とにかく、この言葉に深く感銘を受け、
以来うまくサボることだけを、考えて生きてきました。

打ち合わせの何時間か前まで何にもしないんです。
15時からの打ち合わせがあると仮定しましょう。
前の日も酒飲んで、普通に寝ます。
朝も起きない。
2度寝、3度寝を繰り返し、
だいたい10時45分ぐらいまで粘ります。

で、さすがに起きるんですね。
でも、ここで取り掛かっては、プロとは言えない。

あえて、朝ドラを見るんです。
「もう11時やないの。びっくりぽんやで。
大丈夫かオレ?でも、うまくサボれるってことがプロの証だし。」
とか思いながら、シャワーではなく風呂をためます。

そして、だいたい11時半に家を出ます。
で、喫茶店に、

行かないんですね。
あえて、こういうときほど、
おいしいランチを検索して食べるわけです。

なんやかんやで、会社に着いたら
13時とかになってます。
悪い時は13時半でしょう。

もう、半泣きですよね。
半泣きでデスクで企画するわけです。

これを日々繰り返すと、
どうなるか?

すごく企画がはやくなります。

ただ、はやくなっても、
結局前もって考えられないので
遅くてもコツコツ考える人といっしょです。

というわけで、あと2回。
限界ギリギリまでサボりながら、
書きたいと思います。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで