リレーコラムについて

言葉の獲得

横川謙司

「おかま!おかま!」
2才ちょっとになった我が娘が、昼下がりのオープンカフェ
で声高に叫ぶ。まったく運悪く、一瞥でそちら側の方とお見受け
する御仁(姐御?)が通りかかる。私と妻の間に緊張が走った。
2才の娘に他意はない。彼女はただ、「ごちそうさま」と言った
だけなのだ。言葉を覚えたての彼女は、耳から聞いた「ごちそう
さま」を、どういう訳か自分なりに解釈して「おかま」という
省略形を好んで使用している。幸い、街のノイズに掻き消され
娘の声は件の人物には届かなかったようだ。

2歳前後は、子供が様々な言葉の意味と用法をメモリーし始める
時だ。コンピュータへの書き込みと違うのは、脳の中に
なんらかのフィルター(たとえば、好き嫌いフィルター)が
あって、完璧に記憶される言葉と、不完全な形のまま一時的に
定着する言葉とに分かれるようだ。しかも不完全定着は
いくつかの類型を持つことが研究の末明らかになった。

たとえば、
【子音前後型】には次のような例がある。
あんよ→あよん

高い→かたい

パンダ→たんば

愛くるしいパンダが霊界への案内人に置換する様は、
想像するだに恐ろしい。

【音声成分抽出型】はこうだ。

いってらっしゃい→あいしゃい

ただいま→あいまー

ごちそうさま→おかま
(これについては理解に苦しむがこう聞こえるらしい)

【意味置換型】もある。

雪→コンコン(雪やコンコ・・・から来てると思われる)

イクラ→ボール(今のところ丸いモノはすべてボールである)

こんな中でも、寸分違わず記憶されるのは悲しいかな
キャラクターのお名前であったりする。
ミッキー、ミニー、キティ、アンパンマン、ピングーなどの
錚々たる名前は、2歳児の脳細胞へもなんら形を崩すことなく
到達している。ミッキー強しで、ある。

耳からの言葉を覚え話す子供が、親の言語能力の鏡だとすると、
笑ってばかりもいられんなぁと、シン・・・と静まりかえったGW
のオフィスで一人思うのであった。

では、また明晩。

横川謙司の過去のコラム一覧

0401 2001.05.04 Restart:
0400 2001.05.03 途方途轍
0399 2001.05.02 単一言語惑星
0398 2001.05.01 言葉の獲得
0397 2001.05.01 サイパンから・・・
NO
年月日
名前
5719 2024.07.12 吉兼啓介 短くても大丈夫
5718 2024.07.11 吉兼啓介 オールド・シネマ・パラダイス
5717 2024.07.10 吉兼啓介 チーウン・タイシー
5716 2024.07.09 吉兼啓介 吉兼睦子は静かに暮らしたい
5715 2024.07.08 吉兼啓介 いや、キャビンだよ!
  • 年  月から   年  月まで