リレーコラムについて

何かをはじめるのに、「今」が遅すぎることなんてない。

並河進

「こういう企画を、みんなでやろうぜ!」
「絶対、いいよ、これ!」
「すぐ、やろう!」
と、ある夜に、同僚や仲間と盛り上がったとします。

それから、3か月。

誰からもメールが来なかった。

誰も打ち合わせをしようと電話をしてこなかった。

そんなある日、その同僚や仲間とばったり会ったとします。

「お、おう!」
「いやーばたばたしててさ」
「俺もそうで」

気まずい・・・。

みんな、気まずい・・・。

あの夜、あんなに盛り上がった企画のことを誰も言い出さない。

そりゃそうだ、いまさらだ。

だが、ちょっと待ってほしい!

いまさら?

たった3か月で?

いまさら?

そりゃおかしいだろう。

だから、こんなとき、あなたは勇気をもって
こう言ってほしい。

この3か月、誰も動かなかったことなんて
まったくなかったかのように、
まるでみんなで盛り上がったのが昨日のことのように、
あの夜とまったく変わらない高いテンションで、
「あの企画、すぐにやろうぜ!!!」と。

それこそが、真の勇気だと僕は思う。

しょーもない「気まずさ」なんてもののせいで、
消えていった素敵なプロジェクトが、この世界には山ほどある気がする。
もったいない。

プロジェクトや事業は、
立ち上げるまで時間がかかることもある。

立ち上げまでの準備期間、メンバー全員が、
自分の100%の時間をさいている、なんて理想的な状態はありえない。

途中、何回止まったって、また、動き出せばいい。
気まずいなんて、思わなくていい。

僕も、10年前に思いついて、ずっと、そのままになっていて、
今年、かたちにしようと、かなり頑張ったけれど、
技術的につくれなかったプロダクトがあります。

また、止まる。
でも、また、いつか必ず、やるよ。いつか必ず、かたちにするよ。

途中までやっていたのに、でもなぜか途中で止まっちゃった企画。
みんなで盛り上がって、でもそのままになっちゃった企画。
クライアントがOK出さなくても、自分たちでやろうぜってみんなで言っていたのに、結局やっていない企画。

今、このコラムを読んで、思い当たる企画があったら、
そして、本当はやりたいと思っているなら、
今すぐ、同僚や仲間に電話しよう!

いや、今日電話しなかったとしても気まずくないよ。
大丈夫。明日電話すればいい。半年後でもいい。

俺もそういう企画あるから、
俺もやるよ。

何かをはじめるのに、「今」が遅すぎることなんてない。

並河進

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで