リレーコラムについて

人生、あ!ちゅう間。

仲畑貴志

今年の夏、68歳になった。
驚いた。
ずーっと、ガキのつもりだったが、
気が付くとこんな歳になってしまっていた。

小学生のころは中学生のお兄ちゃんたちが大きく見えたし、
中学の時、大学生は立派で、その上の大人たちは知恵も知識も
充足した偉大な存在に思えた。
ところが自分自身が、その年令その年令になってみると、
偉大でもなんでもなく、なんと不安定な存在であることか。
不惑にして迷い、知命にして成すべきことの自覚も心許ない。

しかし、末期の気配を感じる歳になると、
やっぱり「ヨカッタナ」と思ってくたばりたいと思う。

人はワンチャンス、ワンウエイの一生だから、
振り返ったってしょうがない。
人生のフロントに立つ、今がすべてなのだ。

最上の人生となるか、最高の人生になるかはわからないけれど、
悔いのない人生ということでいえば、その時その時の
ジェネレーションを味わい尽くすことではないか。
10代のときは10代でしかできないことをめいっぱいやり、
20代は20代、30代は30代を生きまくる。

一生なんて、あ!ちゅう間。
右向いて左向いたら、もう終わりというぐらいあっけなく、
儚いもんであります。
合掌。

  • 年  月から   年  月まで