リレーコラムについて

疑問文のレッスン

角田誠

入学したばかりの中学で、娘の授業参観があった。

科目は英語。先生がdogの綴りが書かれたカードを

指差しながら「Is this a dog?」と尋ねると、

生徒達が「Yes.It’s a dog.」と答える。

「Good!」と誉められた生徒達は、続いてcatのカードを手に

「Is this a chair?」と尋ねる先生に、

「No.It’s not a chair.It’s a cat!」と大声で返す。

幾つかの例題を重ねた後は、boyのカードで

「Is this a boy or a doll?」。問題はやや高度になった。

それでも生徒達は「It’s a boy!」と元気がいい。

「Very good!」と言うように、終了のチャイムが鳴った。

それは、僕の心拍のようでもあった。

楽し気に帰り支度を始めたクラスメイトとは対照的に、

娘の顔だけに、ずっと「?」が浮かんでいたからだ。

校門脇のバス停で、尋ねてみた。

「英語、苦手か?」

「ううん。それよりも、

 椅子に間違われる猫って、どんな猫なの。

 人形みたいな男の子に、

 あたし、会ってみたい。」         

NO
年月日
名前
5725 2024.07.25 麻生哲朗 形のない絵本
5724 2024.07.24 麻生哲朗 汽水域
5723 2024.07.23 麻生哲朗 ピアノマンと嘘
5723 2024.07.21 権八成裕 俺、実は、CM一個考えたんだよ 〜あやしいバイト・後編〜
5722 2024.07.21 権八成裕 あやしいバイト 〜前編〜
  • 年  月から   年  月まで