リレーコラムについて

ユジネタ その2

湯治健富

昨日くらいから「コラム、読んでるよ」という声が聞こえてきます。

いやー、けっこう緊張しますね。
一応、Facebookで告知はしていますが、
そうは言っても、あまり読まれないだろうと高を括ってたので。
(「高を括る」ってはじめて使いました)

さて。

きょうも、「湯治(ユジ)」のまちがえネタです。
書くほうのまちがえですが、
これもけっこう多いんです。

●湯地 (まぁ、たぶん、こっちが多いですよね)

●湯時 (ちょうどいい湯加減になりました、みたいな)

●湯路 (温泉までの道のりみたいですね)

●油地 (そんなに油っこい印象ですか?)

●湯痔 (だれが痔やねん・・・) 

5回に1回くらいは、ちがう漢字で書かれています。
(最後の「痔」は、某プロデューサーの悪意です)

もはや慣れていますから、わざわざ訂正はしません。
「ふっ、お前の好きに呼びな」と
よくカウボーイ映画に出てくる助っ人みたいに余裕をかましています。
カウボーイ映画とか見たことないですけど。

あ、「痔」だけは、訂正&猛抗議メールを送ったな。

それに、うちの会社のCRはよくあるんですよ。
広島支社の「鍵矢」さんが「鍵屋」さんになってたり
松山支社の「板東」さんが「坂東」さんになってたり、と。

そうそう、この間、家族と沖縄に行ったときのこと。
(なんて行き当たりばったりな話題展開)

ホテルに荷物をあずけたときに、
「湯治健富です」とつたえて、引換券をもらいました。

きっと、沖縄に「具志堅」とか「久手堅」という苗字があるせいでしょうね。
引換券には、こう書かれていました。

 ユジケン トミ

じつに沖縄らしいまちがえ方!

受け取った手がふるえました。
そして、さらにです。
ホテルマンが爽やかな笑顔を向けながら

 「ユジケン様、こちらです」

だ、ダメだ。吹いてしまう!

堪えました。グッと堪えました。必死に。
なんせ、おもてなしの精神が行き届いたホテルです。
お客様の名前をまちがえるなんて、言語道断。

いつものことながらぼくは気にしませんが、
万が一、彼がまちがえたことを知って、自責の念から辞職。
そして家族を養えなくなり、一家離散…。
沖縄の未就労者をふやしてはいけない!
彼の家族を路頭に迷わせてはいけない!

ぼくのほうも、仏のように微笑みを浮かべながら
「ええ、私が“ユジケン”ですよ」という気持ちで、受けとりました。

うしろで嫁が大爆笑していましたけどね・・・。

さて、そんなユジケンを見てみたい方は、
今週末11日(土)13:00から14:30に「TCC広告賞展2015・行動展示」へ。

http://www.admt.jp/exhibition/program/2015_tcc2015.html

沖縄っぽい顔というより、東南アジアっぽい顔が待っています。

湯治健 富(ユジケン トミ)

NO
年月日
名前
4582 2018.11.18 片岡良子 阿闍梨餅
4581 2018.11.17 片岡良子 ひたち20号
4580 2018.11.15 片岡良子 ひたち5号
4579 2018.11.13 片岡良子 はい!
4573 2018.11.12 春日井智子 今宵は、シャンパンからはじめましょう。
  • 年  月から   年  月まで