リレーコラムについて

天は二物ぐらいは与えてくれる

小出ななみ

佐藤朝子さんよりバトンを受けました、
小出ななみです。
電通関西支社で主に
プランナーとコピーライターをしていますが、
名刺にはアートディレクターと書いています。
2005年に、CMのコピーで新人賞をいただきました。

TCC会員にしてアートディレクターであることの
話を書いて欲しいと朝子さんから言われましたが、
そういうのはもう、あたりまえの世の中になってきましたね。
周りを見渡してみても、
企業ビジョンを考えるアートディレクターやら
都市構想を練るCMプランナーやらがゴロゴロ。
専門外にも何か秀でた人など、たくさんいるのです。

先日、「学生時代に企業スパイをしていた」という
女性プランナーに出会いました。
探偵事務所でのバイトで、
ターゲットの男性に近づいて色仕掛けで
会社の情報を聞き出したり、
浮気をさせて離婚に追い込んだりするお仕事。
彼女の成功率は100%だったそうです。

手前味噌でなく、
ウチの会社にも、面白い経歴や能力を持つ人たちがいっぱいです。
そんな中で、私はあたりまえのように
グラフィックもCMもなんでもかんでもやるようになりました。

このコラムでは、
「こんな簡単な広告への道もあるんだな〜」と
「いろいろやるって楽しいんだな〜」と、
若い人の気持ちがちょっと軽くなればいいかな、と思って
一週間、書きたいと思います。

あ、電通には企業スパイはおりませんので(たぶん)
ご心配なく!
ただ、コミュニケーション能力を活かして
あちこちで有益な情報を掴んでくる
営業さんとかは山ほどいますね。

すごい才能です。

  • 年  月から   年  月まで