リレーコラムについて

エンジョイ

松村祐治

ゴールデンウィーク、最終日ですね。
みなさん、GW、エンジョイされましたでしょうか?

そういえば、昔はTCCの発表って
いまよりもうちょっと遅くて
だいたいGW明けじゃなかったでしたっけ?
僕が新人賞をもらった年はたしかそうでした。
休み明けに会社に行ったら、TCCから封筒が来てて
びっくりした&うれしかったなー。

とくにそのころ、
私、仕事がいろいろあんまりうまくいかないので
広告制作に絶望しつつありまして。
もう広告とかどーでもいーやー、と。
新人賞とか一生無理だろー、と。

で、たまたまそのころやってた
エレクトロなバンドが
ポリスターと契約してたので、
アルバム用の音源を作らなければならず、
4月からGW中も毎日、
AKAIのハードディスクレコーダーに
どんどんデモ録音ばかりしてました。
SLY×ATARI TEENAGE RIOT×斉藤由貴なディスコパンクとか
THE WHO×JB×ザ・スパーダース×田畑義夫なブルースとか
そんなのなんですけど。
まったく売れるシズルのない。

というデイズで、
完全に仕事から逃避してたわけなのですが
でもTCCの新人賞をもらって
「ちゃんとやりなさい」と言われてるようにも思えて
また広告の仕事に情熱を取り戻し、
今に至っております。

TCC、僕は新人賞、TCC賞、今年の審査委員長賞と
3回頂いたのですが、
毎回、「無理だよなー」と思った年にもらった気がします。
海外の賞もそうです。
ファイナリストに入ったかどうかもチェックしてないときに
意外とトロフィーもらって「えー!」と驚く傾向が。
逆に妙に自信のあるものは、入らないというか。
たぶん、自分の選球眼が悪いんだと思います。

たしかに日々の仕事でも
たくさん案を考えて、コンテにして
さあ、プレゼンしようという時に
「いちばん、いい案はどれなんだろう?」と
よく悩みます。

全案、大事な自分の子供で、
それぞれに可能性を秘めてるので。
さらに制作のプロセスでは実際いろんなことが起こるので
みんなうまく育っていくかも不確定要素が多い。

まあ、だからおもしろいのか。

そういえば
選球眼の悪い僕は、カンヌとかでも
ゴールド以上のものより
ブロンズあたりのモノが全然好きだったりします。

最近だとたとえばコレとか。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで