リレーコラムについて

詩の4

直川隆久

その扉はいつになったら開くのか。

雨の日も

風の日も

雪の日も

男は重い扉の前で立ち尽くした。

男の開門の嘆願は

ことごとく

はね返された。

自分が風であればと

男は切に思った。

真夏の野を切り裂く一片の風になれば、

この扉の隙間から、

あの窓の隙間から

身をすべりこませ

焦がれる人の目の前に立つことができるのに。

風になりたいと、男は思った。

以上、

抒情詩「NHKの集金の人」

でした。

直川隆久の過去のコラム一覧

3587 2014.03.02 詩の5
3586 2014.02.28 詩の4
3585 2014.02.26 詩の3
3584 2014.02.25 詩の2
3583 2014.02.24 こんにちは
NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで