リレーコラムについて

東北の歴史

福本ゆみ

あまちゃん、南三陸に戻りましたね。
今週月曜日が震災のシーンだったので、
見たいような見たくないような気持ちでしたが・・
これからは、ふるさとの復興に尽くすストーリーになるのでしょうか。

しかし、能年玲奈さんの東北弁は素晴らしいですね。
音程がいい=耳がいいんでしょう。

ラジオの仕事をしていても、
ミュージシャンの方は、たいていナレーションが上手です。

ところで、この夏は、
物語の中で、ずっと東北にいたような気がします。

ファンの方には叱られそうですが、
高橋克彦さんの作品を、いままで読んだ事がなくて・・

家人が、何かの資料で居間に置いていた「炎立つ」をきっかけに、
すっかり高橋さんの代表作、陸奥三部作に嵌ってしまいました。

火怨(上下二巻)
炎立つ(全五巻)
天を衝く(全三巻)

長〜いけど、読み終えるのが惜しい10冊でした。

平安初期の、阿弖流為(アテルイ)と坂上田村麻呂の物語から、
秀吉が天下を統一していく時代まで。

いつの時代も誇りを持って、朝廷と闘い続けた東北人。
800年の時間を、本の中で旅しながら、
東北人気質というものに、少し触れられたような気がしました。

と、その勢いで、
坂上田村麻呂の父上、坂上苅田麻呂の時代を描いた
風の陣(全五巻)に、突入。あと残り20ページ・・
読み終えるのが、惜しい。

高橋さん、よくこんなに面白い話を、
よくこんなに大量に書けるものです。

こんなに短いリレーコラムですら、4回しか書けなかった私。
反省しています・・

最後に、最近気に入っている言葉を。
ヨガの先生が、レッスンの最後につぶやかれます。

「今日、与えられたものに、感謝しましょう。
 与えられなかったものに、感謝しましょう。」

与えられなかったものって、何だろう?
今日はまだ未熟で、与えられなかったものがあっても、
それはまだ、自分に伸びしろがあるのだから、喜ぶべきってこと?

とか、難しく考えていたのですが、もっと単純な話らしく、
「今日は、災厄を与えられなかったのだから、よかったね。」

つまり、特にいいことがなかった日も、
悪い事がなかった、幸せな一日なのですね。

おつきあいいただき、ありがとうございました。

さて来週は、永松聖子さんが、バトンを受け取ってくださいました。

永松さんは、大学の一年先輩。
早くから活躍されて、今も変わらずいい仕事を続けていらっしゃいます。
ずっと憧れの存在なのですが、
TCCでお目にかかると、いつもほっとするのは、
広告業界、最長のおつきあいだからでしょうか。
これからも、どうぞ甘えさせてください・・

来週よろしくお願いいたします。

福本ゆみの過去のコラム一覧

3465 2013.09.07 東北の歴史
3464 2013.09.05 花火
3463 2013.09.04 デーヴァ・ナーガリ文字
3462 2013.09.02 NoddIN
1044 2003.11.21 星の美しい島で。
NO
年月日
名前
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
5070 2021.02.01 三浦麻衣 ことばの世界旅行
  • 年  月から   年  月まで