リレーコラムについて

保険金(前)

箭内道彦

大学に入る前、一度継いだことがあるのですが、
実家は商店で、
菓子販売と乳製品卸売をしていました。

名前は父のデブと母のブスで お菓子のデパートデーブス。
中学生の時僕がつけました。

父は商売の才能が無く、毎月毎年借金をふくらませながらの
自転車操業でした。

「親父、一体どうするつもりだこの借金!」
と僕が言うと、
いつも父親は 「大丈夫!死んだ時ちょうど全部 生命保険で
返せる計算だから。」と、得意げに自分なりの計画を
述べていました。

僕が会社に入って間もなく、父が配達中に倒れ
亡くなりました。葬式の準備中もサラ金の
督促なども続々と来ましたが、
たくさん保険金が入るので まったく安心でした。

NO
年月日
名前
5010 2020.10.31 千の風になって
5009 2020.10.29 古屋彰一 網下着おじさん
4993 2020.10.28 古屋彰一 軽さという神様への誓い
4992 2020.10.27 古屋彰一 クマとスプレーとわたし
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
  • 年  月から   年  月まで