リレーコラムについて

「言葉」のちから

波多野治

光居誠さんからリレーコラム受け継ぎました、波多野治です。
これから一週間よろしくお願いします。

私、実はこの5年の間、70-80%は中華圏で仕事をしています。
大陸と台湾。
なので、ちょっとそのあたりのこと書いてみようかなと思っています。

私が上海駐在を命じられたのは、優に50歳を過ぎたころ。
仕事はもちろん?クリエイティブ・ディレクターです。

TCCに籍を置くということは、私、一応コピーライターです。
そして、母国語しか話せません。
(それも、怪しいもんだと家人からは言われていますが。。)
いわゆる「羽をもぎ取られた鳥」状態で上海上陸を果たしました。

最初のうちは、まさに右も左もわからず
カフェスタンドでタピオカ・ミルクティを頼みたいのに
私の発音では通じることが稀で、だいたい不味い珈琲を飲んでいました。
「カフェイ」と言えば99%はOKでしたから。

当時部下には30名ほどのクリエイターがいましたが
全員中国人で、まったく日本語が分かりません。
通訳を介しての作業は、想像を絶する難作業。
言葉も文化も違うと、こうまでも違うのかとの毎日。
何度もマンションのベランダから下を見つめたものでした。

そんなある日、私に道を聞いてくる中国人に
「我不知道。不好意思,我是日本人。」
「わかりません。すみません、私日本人です」
と、わずかながら知っている中国語で答えたとき、
ちょっとびっくりした様子で見つめられた後、にこりとされ
「好的,谢谢你。」
「そうですか。ありがとうね」
と言われました。

あれ、この楽しい感じは何?
ひょっとして、気持ち通じてる?

このまま、私が日本語だけで話していたら、
きっと周りの中国人との交流もないんだろうなって。
そこで中国語を喋りたいという欲求がふつふつと。
少しだけ頑張って、時間を作っては勉強しました。

そして、会社での定例会議の後、
覚えたての中国語で少し個人的なお話をしました。
みんなの顔が、ぱっと明るくなり(なった気がしました)
それからのコミュニケーションが日を追ってスムーズになりました。

コピーはいらない。
写真や映像だけで伝えることはできる。

広告制作をしていると時々聞く言葉でありますが
私は、やはり「言葉」には強いちからが潜んでいると思います。

NO
年月日
名前
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
5070 2021.02.01 三浦麻衣 ことばの世界旅行
  • 年  月から   年  月まで