リレーコラムについて

誕生日

宇野元基

10月4日は僕の誕生日です。
ただいまFacebookのウォールが絶賛祝辞祭り中です。本当にありがたい。
そのひとつひとつにお礼を述べながら、このコラムを書いています。

ところで人間の場合種を撒いてから収穫まで、よく「十月十日」と言われるが
これは10ヶ月目の10日目、つまり9ヶ月と10日間ということらしい。
逆算すると、僕の場合ちょうど12月24日のクリスマスイブが仕込みの日になる。
浮わついた世間のムードに流された両親が、
「おう、これプレゼントじゃけん!」「ありがと。お返しはアタイで…」
などとやりとりした勢いで、今ここに僕がいるわけだ。最高に想像したくない。

考えてみると誕生日というのは奥深い。
10月11日生まれの人は、おそらく元旦仕込み。
11月24日生まれの人は、おそらくバレンタイン仕込み。
10月10日生まれの人は、おそらく大晦日仕込み。
もちろん仕込み日が世の中の記念日じゃないとしても、
そこにはそれぞれドラマがある。
春。新しい出会い!これって運命?→仕込んじゃった。
夏。海だープールだー!お、君カーイーネー!→仕込んじゃった。
秋。季節の変わり目ってなんだか切ない。。→仕込んじゃった。
冬。寒いよ。アタイ、人肌恋しい。→仕込んじゃった。
そう、人類は年中仕込みっぱなしだ。

ただそこでふと気づく。
何年か前の年鑑で、「年末の理性は、とてつもなくもろい。」という
コンドームについて書かれた照井晶博さんのコピーを見た。
誰もが完全に納得させられる、疑問をはさむ余地のないコピー。
たとえどんなに毎日どこかで誰かが仕込まれてようが、
やはり12月仕込みの、9月11日から10月10日にかけて
生まれた人間がとてつもなく多いのではないだろうか。
その中でもさらに多いのが12月24日仕込みの10月4日生まれ、
つまり僕の誕生日ではなかろうか。

さてさて、ネットで調べてみると
予想とは違って一番多い誕生月は10月ではなく7月だった。
あれ。これでは逆に10月仕込みが一番多いことになる。
10月にある記念日は体育の日だけだ。カップルの記念日にはなりえん。

多くの人は意外と世の中のムードに浮つき流される事なく、
理性的、計画的に子づくりしているのかもしれない。うちの両親と違って。
そう考えてなんだかほっとしているところだ。

いろいろ勘違いしているところもあるだろうが、誕生日に免じて許して欲しい。

宇野元基の過去のコラム一覧

3295 2012.10.05 僕俺私
3294 2012.10.04 誕生日
3293 2012.10.03 新幹線
3292 2012.10.02 ソファ
3291 2012.10.01 極限状態
NO
年月日
名前
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
5070 2021.02.01 三浦麻衣 ことばの世界旅行
  • 年  月から   年  月まで