リレーコラムについて

絶対落ちたと思った。

宮田知明

クリエーティブ転局試験の2次試験。
時間の半分がプレゼン、残りは質疑応答。

会議室に入ると、すごく偉い方々が、
ずらっと20人くらいいた。
そんな体験は初めてだった。

プレゼンが始まり、
半分くらい話したところで、
制限時間のアラーム音。

「ええっ?もう?」

でも、言いたいことを言う前に
終わるわけにはいかない。
駆け足で話したものの、
大幅に時間をオーバーしていた。

「あなたは、プレゼンというものを
 やったことがないのですか?」
と言われた。はい、すみません、と謝った。

がっくり肩を落として、会議室を出た。
これはさすがに落ちただろうな。

でも、後日送られてきた結果は・・・「合格」。

なぜ、ボクが受かったのか、今でも分からない。
でも、あの時落ちていいはずの人間を、拾ってくれた。
だからボクは、今、コピーライターでいられることに、
心から感謝している。

後日、1CR配属後に、審査員だった
福岡英典さん(当時SCD)と飲みに行く機会があり、
その時の言葉は今でも覚えている。

「転局試験はね、課題によって、向き不向きがある。
 たまたま思いついた!というケースもあるから厄介です。
 でも、文章を読めば、その人がCRに向いているかは分かる。
 だからボクは、いい文章が書けるかを、特に重視しています。」

福岡さんのことを思い出すたびに、
あの時の言葉が心によみがえり、
言葉を、そして文章を大切にしようと心に誓う、
新米コピーライターだったのでした。

今日も、読んでいただき、ありがとうございます。
後半でようやくコピーライターになった後にたどり着きました。
明日は、師匠の門田陽さんのお話です。

NO
年月日
名前
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
5070 2021.02.01 三浦麻衣 ことばの世界旅行
  • 年  月から   年  月まで