リレーコラムについて

コピーライターのギャップ術

武重浩介

はじめまして、武重浩介と申します。

電通第2CRプランニング局という部署でコピーライターをしています。

紹介の流れから僕までナンパ師みたいにみられると心外ですが、
ナンパなんてしたことありません。

好きなコピーは、「男は黙ってサッポロビール」です。

それでは一週間よろしくおねがいします。

永友さんの最終回コラムがSNS上で話題沸騰らしく、
「アドボーイ」という本も出版するとかしないとか。

せっかくなので皆様の声援にお応えして、
永友さんネタで引っ張りたいと思います。
※タイトルも便乗させていただきます。

彼の魅力は、ズバリ「ギャップ」です。

このギャップが世の女性を虜にしているようです。

ではどんなギャップなのでしょうか。

彼の名コピーを例にそのギャップ感を、ご説明したいと思います。

まずはご存知2006年最高新人賞から。

>つくっている時は、大人の顔になる。
>できあがった時は、子供の顔になる。エドウイン

なるほど!

>エドウインの営業車のナンバーは、すべて503。エドウイン

おもしろい!

>試作品があがってくると、その場でみんなパンツになって穿きかえて、品評会が始まる。エドウィン

さすがです!

>つくったジーンズは、墓場まで持っていきたい。エドウィン

最高です!

>謝罪に出かける時は、スーツを着させていただきます。エドウィン

さすが最高新人賞ですね!

こんなコピーを見せられたらそりゃモテますよね。

でも、永友さんの魅力はここからです。

以下、2012年の目撃談から。

>コピー書く時は、大人の顔になる。
>できあがった時は、子供の顔になる。永友鎬載

銀座の居酒屋での目撃談です。
昼と夜のギャップが素敵ですね。

>オレのケイタイアドレスは、531@ドコモ。永友鎬載

あ~合コン終了時につぶやいてるやつですね。。。
※どうでもいい情報ですが、鎬載(こうさい)と531をかけてます。

>テンションがあがってくると、その場でみんなパンツになって、王様ゲームが始まる。永友鎬載

最低ですね。

>バンゲしたアドレスは、墓場まで持っていきたい。永友鎬載

病気です。

>謝罪にでかけたときは、土下座させていただきます。永友鎬載

そうしてください。

以上が、僕の知っている愛すべき永友さんです。

とても優秀なコピーライターでありながら、
たまにチャーミングな面をみせてくれるんです。

このギャップが彼の魅力を高めているんですね。

最高です。

永友さん、また飲みましょう。

※あくまでも目撃談ですので真相はご本人に確認してください。

コラム、こんなんでいいんでしょうか…

  • 年  月から   年  月まで