リレーコラムについて

考えるだけじゃ、まちがえる。

丸原孝紀

「見える」という人に見てもらったことがあります。

その人は小さなバーで、私の後ろを見て言いました。
「おばあさんが、いつも見守ってくれていますね。」

父の実家は、島根の奥深い山の中にあります。
周りに人がいないその家で、
祖母はほとんど自給自足の生活をして、
百歳まで生きました。
わが家のお墓もそこにあります。

法事のときは大変です。
夜行バスで夜のうちに広島まで行き、
早朝から電車を乗り継ぎ、駅から車で山に登り、
昼過ぎにようやく家に着きます。

私は跡継ぎなので、
その古い家とお墓を継ぐことになります。
いいところだとは思うのですが、正直、大変。

そこで、
「見える人」を通じて祖母に伝えてもらいました。
「お墓があそこにあるのは大変なんだ」と。
すると祖母はこう答えたそうです。
「私は離れるのが怖いくらい愛していたけど、
家もお墓も、残されたあなたで考えればいい」と。
ホッとしました。でも、続きがありました。
「でも、みんなが帰るところがあるというのはいいものよ」。

う〜む、それもそうだ。自分はこの世に、
ポコンとひとりで生まれたわけじゃない。
途方もない人のつながりがあって、
奇跡のように生まれ、生きている。
見えないけど大切なつながりを、
あの家が、墓が教えてくれる。
それはとても、ありがたいことだ。

自分の小さな頭だけで
決めてはいけないことがある。
ちゃんと、心を働かせないと。

とかく効率化が求められるいま、
広告の世界でも戦略やロジックが幅を利かせている。
でも、せめて言葉を扱うコピーライターは、
頭と手と、そして心を、怠けることなく
働かせないといけない。そう、思います。

ご意見、ご感想などあれば、Twitterで @ecogroove 宛に
メインションをいただけるとうれしいです。
お返事は差し上げられないかもしれませんが、
よろしくお願いします。

NO
年月日
名前
5085 2021.03.05 牧野圭太 お詫び。
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
  • 年  月から   年  月まで