リレーコラムについて

人の変わったところが好き。

竹島典明

自分自身、よく人から、変わっていますよね。と言われるのですが、
人の変わったところが好きです。変わったところというか、
こだわりの趣味とか、好きすぎて凝りすぎているところとかが
好きです。

現代アーティストで、ここ3年くらいトンボを描いてて
「トンボって何考えてるんやろ?」って本気で聞いてきて、
日曜日のたびに「トンボ捕まえにいかへん?」という
友達のEちゃんとか。

いびきの研究をしていて、寝ているところを撮影させてほしいと
初対面の僕の友達にいうRさんとか。

昔のアイドルの変遷(結構売れていたのに、何曲目で外して失速
していった)とかが好きで、映像をあつめて、ことあるごとに
その歴史を映像つきで語ってくれるOくんとか。

便秘に悩んで、ヨーグルトがいいと思い込んで、世界中の
ヨーグルトを集めた挙句、自分で作り始めて、ヨーグルト
の元菌を誕生日にくれるKさんとか。

バレーボール好きで、プロアマ、ジャンル問わず、感動できる
試合を映像をあつめ、選手の経歴とか監督との関係など
の背景なども含めて特別解説をしてくれる
Jくんとか。

話しだすと止まらない人が何人かいます。
自分は、その人たちの対象が好きというよりかは、
なぜ好きかに興味があるようです。
深い好きには深い視点が隠されているのと、
人間本来の欲望が覗けるから好きなのだと思います。

そんな中でも、強烈なYくんのエピソードを紹介しようと思います。

Y君は関西人で、車使って道路でおにごっこしてみよか?とか
友達がこれからどうするか尾行してみーひん?とか
名作アニメの副音声つくってみたから聞いてみて?とか
いつも僕を喜ばせてくれます。

そんなYくんと、大学時代に、奈良漬屋で短期のバイトを
していたのですが、観光地にあるためかすごい人がくるのです。
注文した人が誰で、どの商品だったか覚え切れないくらい。
しかし、僕が必死でやっている横で、Yくんはバンバン
裁いていくのです。

そこでYくんにどうやって覚えているの?と聞いたところ、
その人の特徴を瞬時に覚えるのだそうです。その覚え方に
すごい毒があるんですけど。。(笑)

黒いめがねをかけているひとなら、黒めがねとか
服がダサイと思ったら、服ダサイとか
そのなかで、紫の服をきたちょっと体格のいいおばさんを
Yくんは紫のブタさんと名づけたんですが、
あまりにも忙しかったのか、

僕が「これ、どちらさまの注文でした?」とY君に聞いた瞬間、
Yくんが「そこの紫のブタです!」
と大声で言ってしまったのです。

店内は一瞬、静かになりましたが、店長が
「はいはい、こちらですね、お待たせしました」
と言って渡し、その紫のおばさまも自分のことじゃないわという
感じで去っていきました。

この時Yくんは、ちょっと失敗してしまいましたが、僕は、Yくんならではの
人の覚え方を教えてもらい、初対面の大切さを考えました(笑)
Yくんのように面白くはなれないけど、そんな面白い仲間たちに
刺激されながら、明日もがんばろうと思います。

NO
年月日
名前
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
5070 2021.02.01 三浦麻衣 ことばの世界旅行
  • 年  月から   年  月まで