リレーコラムについて

本棚より (4)

都築徹

本棚の前に立つたび、目に飛び込んでくる本がある。

山田風太郎『人間臨終図巻 上巻/下巻』

ひとの死に様と、突き放したクールなコメントが、
15歳の八百屋お七から121歳の泉重千代まで、
死亡年齢順に並んでいる。
さすが戦中派天才老人、山田風太郎。
やばすぎる。

死の二日前まで女陰の描写を口述筆記したポルノ作家。
死因が結核のため、身の回りの物といっしょに
未発表曲まで母の手で焼かれてしまった作曲家。
無の一字を墓に残して死んだ映画監督。
銀座のホステスをホテルに呼んで、腹上死した政治評論家。
陰嚢水腫でキンタマが巨大になったまま戦死した明治維新の大物。
「人間は猿から進化した」と説いたため、
教会に苦い顔をされながら葬られた学者。

死は、どんな偉人にもやってくる。
中学生の頃からだろうか。
死後の永遠を想うと、寝られなくなることがあった。
「死をはじめて想う。それを青春という」。
風太郎の言葉は、響く。

自分は、今年44歳になった。
この年で死んだのは、誰だろう。

坂本九 御巣鷹山に墜落死

サントリーの、あのCMを、You Tubeで観た。
生きている限り、上を向いて歩かないと。
そう思った。

NO
年月日
名前
5086 2021.03.09 猪飼ひとみ あの鐘を鳴らすのは
5085 2021.03.05 牧野圭太 お詫び。
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
  • 年  月から   年  月まで