リレーコラムについて

平均的27歳女子より、見るモノ

和田佳菜子

子どもの頃は、8月のこのくらいが一番モヤモヤしてました。
夏休み終わりのカウントダウンほど
子供心をじわじわと痛めつけるものはないですよね。
今もそのうっすらとした痛みというか悲哀が蘇るのがすごいです。

三度目の、和田佳菜子です。

本日も超個人的で、毒にも薬にもならないことを書くことになりそうです…。
すみませんが、お付き合い頂けますと幸いです。

◆ 平均的27歳女子より、見るモノ ◆

2ちゃんねるのまとめブログをよく見ます。
まとめブログというのは、2ちゃんねるの膨大な書き込みのあったスレッドから
面白い発言だけを抽出したり並べ替えたりしながら構成したブログです。
ダイジェストであり、ハイライトです。

仕事中、休憩したいと思ったときなどにチラリと開くと、
あまりに面白過ぎて1〜2時間没頭してしまうこともしばしば。

色々なスレッドがありますが、まず、時事ネタ系は外せないですね。
今、この時間に、何が一番盛り上がっているかを
Yahooトピックやツイッターと照らし合わせながら見ると一人で面白いです。
2ちゃんねるでしか盛り上がってないけど、
そのニッチな切り口での盛り上がり方がすごく笑えたり。
他のサイトでも盛り上がっているんだけど、
そこに寄せられたコメントの切り口が全く違って笑えたり。

あとは、個人的な悩み相談も面白いです。
Yahoo知恵袋とかと違って、相談者にも解答者にも
「本気で解決する」という気がなくて、アドバイスの大喜利みたいです。
スレッド全体としてどう面白くするかが考えられてる。気がする。

何かのコンテンツについて語るスレは、普通にためになります。
わりと沢山の作品を見た上で語っているタイプの人が多いので、
(浅い知識だとすぐに他の人に見破られて糾弾される厳しい世界なので、)
議論自体は真面目に行われていて、なるほどと思わされます。

もちろん、『2ちゃんねる=社会』とはぜんぜん思いませんが、
最近は自分が見て楽しんでいるくらいなのだから、
世の中が想像しているほど偏ったユーザーばかりでもない気がします。

その、ユーザー像が見えにくいところも特長というか、
こっちの想像力を掻き立ててくれて、
小説的な面白さを味わわせてくれる気がします。
本当、どういう人がどういう顔でどういう書き込みをしているのか。
こればかりは知りようもないので、妄想が膨らみます。

あと、当然匿名なので、みんな大胆です。
それが、悪い方向に出てしまうこともあるとは思うのですが、
発言の1つ1つがそのおかげで鋭い言葉になっていることも事実だと思います。
特に、まとめブログに拾われてくるような完成度の高い書き込みは、
匿名の中で、そしてあの膨大な書き込みを内包する掲示板の中で
「絶対に目立ってやろう」という野心で紡ぎだされた精鋭たちなので、
ほんとうに面白い。
「これ考えた人、天才だな」と嫉妬してしまう才能がゴロゴロいます。

まとめブログに関して言うと、誰かそのブログを編集している人がいて、
その人の仕事の早さとクオリティもすごいもんだと感心します。
たぶん、あれは何らかのシステムで機械的にできるものではないと思うので。

あと、この間、うどん屋で食事をしているときに、
うどん屋の中年夫婦とお客のおばさんの会話で
某24時間テレビについて2ちゃんねると同じ意見が出ていたのを聞いて
あながち「本当の世論」ともズレていないのかなぁと思い、
何か、勉強になりました。

ともあれ、フィクションとしてもノンフィクションとしても
2ちゃんねるのまとめブログは面白いです。
また、このブログでの盛り上がりが社会に与える影響力が
年々強くなっているところも興味深いです。
ワイドショーとかが1〜2年前まではアングラとみなしていた掲示板を
「世間」という文脈で捉えてることが多くなったのは、不思議なものです。

昨夜の島田紳助さんの騒動時は、なかなかアクセスできませんでしたから、
やっぱりすごい人数の人が見てるんだろうなぁ・・・。

さて、では今日もそんな2ちゃんねるの誘惑に耐えながら、
仕事がんばりたいと思います。

では、明日もよろしくお願いいたします。恐縮です。

  • 年  月から   年  月まで