リレーコラムについて

平均的27歳女子より、読むモノ

和田佳菜子

はじめまして。
富田克人さんからバトンを頂きました、
電通中部支社の和田佳菜子です。

「動物園で見られるうちは、心配してもらえない気がするなぁ。」
という新聞広告のコピーで、今年、新人賞をいただきました。
パンダのビジュアルのやつです。

お盆中、しばらく考える時間はあったのですが、
師匠の岡部将彦さんのように面白い話をできる人間でもないので
尋常じゃない量の手汗をかきながら、このコラムを書き始めております…あぁ。

最初に、簡単な自己紹介をさせていただきます。

◆名前:和田佳菜子
◆出身:熊本県熊本市
◆年齢:27歳
◆経歴:電通に入社して1年目は東京の人事へ配属となり、
     2年目から中部のクリエーティブへ異動(赴任)しました。
     名古屋在住4年目になります。
◆趣味:とくになし

という感じです。
実はこの、「趣味がない」というところが
今回コラムを悩んでいる理由でして、
これだけは人に負けない!というほど語れることがないんですよね。

それでも、何か、何か、書かなければならないというところで、
タイトルの通り、
「やれ趣味だ!やれ特技だ!と胸を張れるほどではないけれど、
きっと平均的な27歳女子よりはよく没頭しているだろうモノ。」
というハードルの低いお題を勝手にもうけ、語ってみることにします。

つまりは1週間かけての自己紹介ですね。
しかも、特に含蓄もないという…申し訳ない感じです…すみません…。

◆ 平均的27歳女子より、読むモノ ◆

推理・ミステリー・サスペンスと冠される小説をよく読みます。
そもそもが人気カテゴリなので、既に浅はかな感じが出てますが…苦笑。

「時刻表の裏をかいた」とかのトリック暴きというよりは、
「人を殺す」、「人を亡くす」といった究極の局面に立たされたときの
当人の感情や心理、その周りの人間の本音に嘘に欺瞞に狂気・・・
といった部分を読むのが好きなほうです。

だから、犯行前の動機とか、犯行後の人生とか、
色々なテーマで人情の機微をしっかり描く「東野圭吾」が一番好きです。
女性の醜い心を素っ裸にする「桐野夏生」とかもいいですよね。
社会的な犯罪をテーマに大衆の心の向きを切り取る「佐々木譲」や「横山秀夫」、
ミステリーなのにエンターテイメントできてる「伊坂幸太郎」も好きです。
「湊かなえ」の『告白』のような救いようのない闇な感じも大好物です。

どちらかというと、文章そのものの表現に凝っているものより、
ストーリー構成や事件背景、登場人物の感情内容に力を入れていて、
必要最低限のシンプルな文章で書かれたものが好きです。

食事中、おはし片手にお行儀悪く読んだり、
1日中、家から出ずに、引きこもって読んだり。
それが自分的には、大変なしあわせだったりします。

ちなみに、ホラーは現実感がないので、あまり興味がないです。
何だかんだ恐がりで、夜眠れなくなりますし…。
あと、甘酸っぱい恋愛小説とか、ハッピーなやつはどうも無理です。
性格が悪いので、自分より幸せそうな人を見たくないからかもです…。

何か、ちょっとジメジメした暗いヤツ感が出てきてしまいましたが、
実際に会ったら、たぶん意外と、明るくて元気です。
人見知りが激しいですが、慣れれば、よく笑うほうだと思います。

そんな和田佳菜子が
浅く狭く、こんな感じのことを書いていくだけの1週間ですが、
どうぞ、よろしくお願いいたします。恐縮です。

NO
年月日
名前
5085 2021.03.05 牧野圭太 お詫び。
5074 2021.02.05 三浦麻衣 地球の見方
5073 2021.02.04 三浦麻衣 ことばのテトリス
5072 2021.02.03 三浦麻衣 作品がまだない作品展
5071 2021.02.02 三浦麻衣 ことばの生け花
  • 年  月から   年  月まで