リレーコラムについて

銀座と保育園と。

広渡紀子

電通EYEは、電通本社から出向の一部の男性社員の他は、
ほとんど女性という広告会社でした。
生活者の視点で、商品開発からマーケティング戦略、
広告全般の企画制作を請け負う、ユニークな会社だったのです。
社員もパワフルな女性が揃っていました。
場所は銀座5丁目、電通通りに面したビル。
老舗と海外ブランドの路面店が軒を並べる地域でした。
     
 夏果や銀座日暮れて潮の香       広渡詩乃       

私はここで20年近く、コピーライター、クリエイティブディレクターとして、
ネピアの紙おむつの他に、集英社、日産、田崎真珠、
アメリカンファミリー、たかの友梨ビューティクリニック・・・・
ほか、数多くのクライアントを担当させていただきました。

その間、やはり大変だったのは、子育て。
会社勤めとはいえ、広告制作の仕事は時間が不規則になりがちです。
朝、子どもを保育園へ預けるのはできても、お迎えに間に合わないこともしばしば。
撮影などで深夜になる日や、出張もあります。
夫の協力がないと、やっていけません。しかし、夫は海外出張も多いため、
実家の近くに引越し、母にも手伝ってもらうことになりました。
風邪で保育園に行けないときは、実家で面倒を見てもらうことに。
父に留守番を頼むこともありました。
そうやって家族みんなで、なんとか育て上げることができたのです。

子どもを置いてでも続けたいと思った仕事の1つが、
「ネピア赤ちゃん学の会」でした。
赤ちゃんを持つ今だからできる社会参加。母親どうし育児の悩みを話し合い、
世の中へ提案できる場を作りたいと思ったのです。
北海道から九州まで、全国のお母さんたちと直接話し合い、
その成果を育児書や、様々なかたちで発信していきました。
テレビや新聞などマスコミにも取り上げられ、
私は事務局としてこの活動を約10年、続けさせていただきました。

しかし、世の中は動きます。さまざまな要因で
電通EYEはその存在意義がだんだんと薄れていったのかもしれません。
でも、会社がなくなるとは、思ってもいませんでした。
私は銀座から、神保町の会社に移りました。

 白服を吊るし一日を過去とする     広渡詩乃
 

NO
年月日
名前
5099 2021.04.09 大塚麻里江 神様にいちばん近い人
5097 2021.04.07 大塚麻里江 過去と未来の魚
5096 2021.04.05 大塚麻里江 予言タクシー
5095 2021.04.02 石倉一誠 ピダハンの衝撃
5094 2021.03.30 石倉一誠 俺がお前であいつが僕で
  • 年  月から   年  月まで