リレーコラムについて

さようなら〜ガーデンシネマ

忽那治郎

もうご存知、ですよね。
恵比寿ガーデンシネマが閉館しちゃったの。
とても残念、ていうか、驚いてしまった。
近年すっかり足が遠のいていたくせに、
勝手に人は入ってると思いこんでたので。

いい映画かかってたのになぁ。
1994年の開館時の
ロバート・アルトマンの『ショートカッツ』にはじまり、
ウェイン・ワンの『スモーク』とか、
ハル・ハートリーの『フラート』とか、
何より僕的には
「ウディ・アレンの新作がかかる映画館」として
ちょっと特別な存在だったんですが、
そんな人も多いんじゃないでしょうか。

最終日は皮肉にも大盛況だったようで、
「こんなに来るなら、普段から来てほしかった」と
とあるファンの方がコメントされてましたが、
ごもっとも。
僕もそんな、かついじゃいけない片棒かついだ一人です。
仲畑さんの名コピー、
『無くしてわかる有難さ。親と健康とセロテープ』
に加えたい気分です。

メジャー系のシネコンがつぶれるならまだしも、
ミニシアター系がつぶれると、
映画が痩せていくようで悲しい。
やっぱ人類、ネットに時間やら意識
取られ過ぎなんじゃないかなぁ。

  • 年  月から   年  月まで