リレーコラムについて

できない。のこと。

小笠原健

ぼくは国語ができない。

この国では、日本語ができても国語はできないことがあるらしい。
「お前は日本語がおかしい」とか今でも言われるから
ほんとに日本語もできてないのかもしれない。
とにかく苦手だった。

著者の意図を簡潔に述べよ。

この問題が一番苦手。
作者が思ってることを想像して書くことはNGらしい。
そんなこと書いてありません。と教師によく言われた。

えー、でも、もしかしたら、もしかしたらよ、
著者は超恥ずかしがりやさんで
言いたいこと言えない感じなんだよ、たぶん。とか、
好きの裏返しってあるじゃないですか。とかは通用しなかった。

グレーゾーンは間違いらしい。
こんなに曖昧な国ニッポンとか言われてるのに。ケチ。
恋人同士の言い争いでよくある
「言わなきゃわかんないじゃない」のヤツが、やりたい放題やってる。
なんか、アメリカっぽくないですか。
訴訟社会っていうか。1億総クレーマー時代。
(アメリカ好きの人ごめんなさい。偏見です。訴えないでください。)

「言わなきゃわかんない」で踏みにじられた心たちは
きっと世の中にいっぱいいっぱい浮いてさまよっていて、
たぶん地縛霊よりもいっぱいあって、
そのレクイエムを書きたかっただけなんです。

人が出した企画が褒められてると、
「あーその企画、思いついてたのに」と
後悔する自分へのレクイエムでもあります。

―――――――――――――――――――

本当はオッサンシリーズでいこうかと思ったのですが、
ちょっと休憩したかったので、コーヒーブレイクな感じです。

ほら、やっぱり著者の意図なんて読めないですよね。

もし、お見通しだったぜって方はメールください。
そうじゃない方もメールをいただけると嬉しいです。
リレーコラムって変なプレッシャーの割に孤独なんですよ。
takeshi.ogasahara@hakuhodo.co.jp

NO
年月日
名前
5188 2021.10.25 中川真仁 わたしが死んだら、わたしを探してください。
5187 2021.10.22 中川真仁 災いの時の口は、ソースの味。
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
  • 年  月から   年  月まで