リレーコラムについて

厳しい言葉はやさしい。

中村直史

Kさんは厳しかった。
鍛えられたと思う。
(鍛えられたのに何でこんなもんなんだとも思う)
良いものが書けず、とりあえず数書いてごまかそうとすれば、
「たくさんあるだけでおもしろくない」と言われた。
商品自体に問題があるんじゃないですかねとグチを言えば、
「うだうだ言ってるとオレが書くぞ」と言われた。
クライアントの漢字を間違えていた時は、帰れと言われた。
メシをおごってもらうたびに、いいコピーで返せと言われたけれど、
返せた記憶がない。

Nさんは、社外の人にもかかわらず厳しかった。
最近どうしてます?と軽い気持ちでメールを出せば
その中にある日本語の間違いを修正して送り返してくる。
あるとき「あなたは追いつめられた時に弱い。その弱さが原稿に出る」と言われた。
もう何年も前のことなのに、しょっちゅう思い出す。
励まされたこともあった。
ある年の正月早々、その前の年にクライアントからボツをくらった原稿に関して
「あれがあなたの言葉だ。ボツになろうと関係ない。
自分の言葉を書いたことがなによりだ」と長いメールをくれた。
厳しい人の言葉だからウソじゃないと信じられた。

クライアントがどうしようもないから。
営業が気が利かないから。
こんな感じで出しとけば通りやすいから。
会社にいたくないから。
都会での暮らしに向いてないから。

ほっとくといろんな言い訳が次から次に出てきて
逃げ出そうとするどーしようもない自分ですが、
自分の中に住み着いた厳しい言葉たちが
その時ごとに騒ぎだし、
なんとか持ちこたえさせてくれている。

ような気がするけどほんとうのところはわからない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

来週は中山佐知子さんに書いていただきます。
(知らない人に引き継ぐ計画断念!)
困ったことがあると、ついつい佐知子さんを頼ってしまいます。

一週間読んでいただいた方、ありがとうございました。
励ましメールをくれた上田浩和くん、愛してます。

NO
年月日
名前
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
5182 2021.10.12 加藤 千尋 ねぇナナ、
5181 2021.10.10 山本 絵理香 知る
  • 年  月から   年  月まで