リレーコラムについて

病み上がりコピーライターの憂鬱(5)

米村大介

こんばんは。

病み上がりコラムニスト、米村大介です。

今日で、リレーコラムが終わりと思うと、さみしい。

事務局に「来週もやらせてほしい!」とお願いしようか。

・・・・なんてことはまったくの嘘で、

今日という日を、小さなガッツポーズで迎えています。

最後は何を書こうか。。。(一時間経過)。。。

熊本弁ナースとの癒され話か。

地元の人間くさき仲間たち、「浜っ子倶楽部」の話か。

半年前に死んだ父と、集中治療室で出会った話か。

うーん。どれも、それなりに面白い話なのですが、

これから書くと、金曜日という日を超えそうなので、

「僕は、肉うどんが好きだ」という話にします。

(なんじゃそりゃですけど・・・)

僕は、熊本から福岡を経由して東京に来たわけですが、

結構恋しいのは、地元の名産より、地元の庶民料理なんです。

焼き鳥屋に行って、安い豚バラがないのが悲しいように。

(九州人ならわかるでしょう)

こっちのそばはおいしいんですけど、

うどんがどうも合わなくて。

別に熊本が名物ではなく、九州全体でそうかと思いますが(というか西日本?)、

うすだしのうどんに、肉汁が溶ける感じが最高でして。。。

入院する直前と、退院した直後は、

うどん屋に行って、肉うどん大盛りをズルズルですよ。
(ごぼう天トッピングはさらにうまい)

病室での会話だって、

ナース)退院して何したかですか?

じぶん)肉うどんが食べたかです。

という感じだったんです。

「さんざん何書くか迷って、うどんの話かよ!」って、

自分の頭も怒っていますが、単に胃袋の誘惑に負けたようです。

東京帰ってきて、あの、「九州の庶民のうどん」が食べれてなくて。

讃岐とか、京うどんとか、名物たるものはあるんですけどね。

東京にある、普通にうまい、九州うどんをご存知の方は、

どうぞ教えてください。

d-yonemura@dentsu.co.jp

まで。

そーいうわけで、たかが肉うどんの話で、ズルズルいっちゃいました。

お叱りのコトバも、

d-yonemura@dentsu.co.jp

まで。

・・・という、いい加減で、支離滅裂で、情緒不安定なコラムでしたが、

一週間お付き合いいただきありがとうございました。

次週のトップランナーは・・・

いえ、リレーコラムランナーは、

広島から金沢に移って奮闘中のコピーライター、

吉田一馬くんです。

TCC同期です。

のんきに生きてると、彼のコピーにいつもハッとさせられます。

お忙しいと思いますが、バトンを投げずに書いてください。

ではでは。

病み上がりコピーライター、米村大介でした。

皆様。快気祝いで、寿司でも食べましょう。

NO
年月日
名前
4668 2019.06.18 竹田芳幸 コピーライターとラジオ
4667 2019.06.17 竹田芳幸 コピーライターとデジタル
4666 2019.06.15 米村大介 デジタルで起きているリアル⑤
4665 2019.06.14 米村大介 デジタルで起きているリアル④
4664 2019.06.13 米村大介 デジタルで起きているリアル③
  • 年  月から   年  月まで